アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ゲイの老人ホーム

一昨日日本から戻ってきた友人からの報告。
::: メゾン・ド・ヒミコ :::という映画が日本で8月27日頃から始まっていて
見る価値ある、と。
若者主役たちとゲイの老人ホームにいる家族のお話だとか。

その友人はクイアで映画を作っている人。
だからか演技や映画の批評がきびすい~・・・

一応メインは:柴咲コウ、オダギリ・ジョー
*後者は日本のゲイ男性に人気あるようで

しかしその映画を作る友人の高い評価は
ベテラン揃いの老人ホームのゲイ男性を演じた方たちに^^

b0058997_1603928.jpg特に舞踏家出身の男性

Min Tanaka

田中泯



舞踏家だ、っていうからもしかして、アレ、アソコの舞踏では・・・
と思ったら、やっぱり。
この映画のHPに
”師である土方巽の洞察を継承”
とあった。
キターーーー!!
(なぜか2ちゃんねる ノリ。。。でも絵文字使えん)

b0058997_15574294.jpg土方巽氏、といえば筆者の石井輝男監督の記事
載せたこの彼(と、同じ舞踏グループの仲間達)です。
60・70年代頃、舞踏を通じてポリティクスを伝えていた方。
彼らの影響はすさまじく、各国で彼らを手本に
グループを始めた方たちは数知れず。

色々と賞も取っているようですが映画の作品に
出ているのはここ数年なのかな。

筆者はもちろんこの映画見てませんが
土方氏を仰いでいる、と聞いて、すべて見てみたくなりました。

この映画では、老人ホームにいるほかのゲイ役の方たちも
なかなか興味深いようです。
観る機会のある方、もし機会があったら上の田中さんのサイトに行って
彼の活動の背景を見てみてください。
映画を観ながらも深さを感じられるのではないかな。

ああ、早くみたい・・・今月映画祭に行く予定があるので観れたらイイなあ。
正直、かなりの衝撃を感じてしまい田中泯信者になってしまいそう・・・ 

[PR]
by flowfree | 2005-09-03 16:09 | 映画:クイア/同性愛