アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

遅い性自認: 抑圧された性の反逆

ちょっと他で書いた記事をここでアップ。
2丁目に先日行ったときのお話しの続き。

留学中に知り合ったゲイの友人が東京に来るっていうので
会って来た。彼が25歳くらいの時に知り合って、
どうみてもミックス・レイスの可愛いゲイ、という感じで
周りのゲイ男も放っておかなかったのだが
当人がいつになってもグジグジとアウトできず
(まあそういう時期もある)自己の性認識が
30過ぎの今となって出来て
以前のモテ時期が過ぎてしまい、後悔先に立たず、
状態だったりする。

面白いことに、彼の両親はとっくの昔に気づいていて、
数年前に親類の中で既に問題になっていて親が責められていた、
というのを今回の帰郷で発覚したらしい。
キリスト教文化の人だったりするのも関連してると思う。
”ゲイになったのは生まれつきだと思う?それとも育った後?”
こう暗い表情の母親に聞かれ
”僕は生まれつきだと思うよ”
と返したらしい。

だけどそうしないと母親、親類は救われない、という状況だ。
キリスト教の信者がゲイを育てあげちゃったのなら
母親のせい、家族のせいになっちゃうんだから。

私は性自認を生物学的なものにつなげる危険性というのに
非常に敏感なので一応、やんわりと反論したけども
人の気持ちを考えてそう答えたほうがいいときもあるよね、
とちゃんと私の思う背景から話した(もちろん短く。彼はこういった
話しにあまり興味がなかったりするし)。

だけども30過ぎてのゲイのカミングアウトと言ったら
ちょっと面倒だ。この友人は大きなある町に
引っ越して良い仕事を得たのを機に
盛大にカミングアウト。セフレも出来て
おしゃれにも金を使えて嬉しくてしょうがない。
それでお茶に行こうが食事に行こうが
周りの男を見ては評価して、どーのこーの
とそっちばかりが気になってしょうがないらしく、
遊びに来ている友人の存在はそっちのけ。
失礼極まりなかった。
結局人間性の未成熟さが遅れてきた性自認
と共にシンクロしてしまいダブルにウザイ。
40近くのゲイ友人とこれを話したら
遅い性自認を迎えたゲイに良くあることなんだ!
とかなり話しが盛り上がってしまった。

まあ、性自認を難しくさせているのは社会的
環境だったりするわけで彼らに全ての責任が
あるとは思えないし、後に性自認の変化を
持った人間がみんなそうもならないが
がやっぱり人間性でますね。
彼を見ていると長年抑圧されたゲイの性の欲望
のパワーを感じてしまった。かなりはじけまくっている。
私が引くほど。ヤリたがり過ぎ。

まあ、30過ぎて多少未熟でも
優しさのあるこの友人は
新宿2丁目童貞である、ということは
わかりきっていたので
夕食ついでに連れていってやった。

彼は日本で結構育って暮らした期間は長いのだけど
好みの相手にあまり日本人を入れていなかった。
だけど2丁目をウロウロと歩いたあと、
”ここ最近日本の男の子もいいな、って思ってきたんだよね”
とのこと。

あまり時間もなかったので
ちょっと食べて店をみて戻ったけども
(前回C. Cafeのある店員の対応の酷さを書いたが
ビアン友人にチラッと言ったら、私それ誰だかわかる!との返事。
実はビアンには有名なのかも。女性に態度が横柄だ、っていうの)
相変わらず2丁目には女性のための
店というのが少ない。いくつか
あるけども視的に明るく誰もが入れそうな
店は男性向け中心の品揃え。
ちょっと残念だ。

半々でもいいから揃えてくれる店があれば
もうちょっと友人連れて行こう、とかも思えるんだけど。
女の方ね。
[PR]
by flowfree | 2006-01-03 02:18 | 多様な性:日常にある生活