アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

使われなくなった差別用語がまた使われる時

正直驚く。
今週北米のある大学の若い学部生と交流する機会があったのだが
日本語のことを短く約すのに
”JAP”
と言ったり、日本語のクラスを
”JAP 100” (クラスの番号が100だと初級のクラス)
と書いたりしていた。
男も女も。それも今のところアジア系だけ。

ご存知だと思うがJAPという言葉は歴史上に
日本人が差別されたときに使われた英語。
それをそのまま日本人の、それも現在私は
授業を教えている”先生”というのを知っている生徒だった。
それがフツウにJAPと言って説明していたので
これは知らないで言ってるな、というのが明らかだった。

アジア系の生徒だから日本人に対してこういってるのではない。
逆に普段からあまり日本語とか日本のクラスのことを話さないから
言いやすい訳語のように言っているようだった。
周りがJAPと言う言葉を差別的に使わないから、こその
使用だと思った。
あと、日本の歴史などにあまり知識がない
一世、二世などだと思う。

逆に北米の文化にどっぷりとはまっている
アジア系三世や白人はこの言葉の意味を
良くわかっていて口が裂けても出てこない、という感じだ。

こんなところに人種の違いが出てくる。
それにさらっと言われるとどうやってこの子ら
の言葉をわかりやすいようになおしてやったらいいのか、
とちょっと考えてしまい、その場は無視してしまった。
ただまた話す機会があるのでちゃんと説明をしようとは思うが。

知らないで使用しているものには、知っていて使用しているものよりも
罪はないと思う。ただ、教育目的で来ている大学なのだし
教育をするのは大事だ。ただ繊細なトピックだし
どこからどこまで言おうか、ちょっと試行錯誤中だ。

日頃この言葉を使う人が多ければ、日本人にこういった差別用語を
使うと言う事に対しての意味はかなりクリアだけど
周りに使う人がいないと、意味を知らないし
利便性で言葉を勝手に訳したりというのがある。
それが歴史的意味があるとは単に知らなかったりする。

ご存知だろうか、日本語にもちょっとだけどそういった言葉がある。
たとえばカメラの”バカチョン”
このチョン、というのは朝鮮人を指した言葉だ、と聞いている。
在日韓国人には当然の話しだ。

こういう文化の言葉の傾向から色々と繋がることもある。
子供の時に疑いもなく歌っていたじゃんけんで
”ちょうせんにんじん軍艦乗ってハワイに沈没”
っていうのも。スゴイ歴史的に日本軍の意味が入って歌だ、っていうのが
今はわかる。

あと、個人的に関連性を疑っているのが
東京でも良く使われる”ちょん切る”っていう表現。
このさきっちょをちょんぎって、というように使うが
この言葉にも関連性を見るのは考えすぎだろうか。

とにかく、”バカチョン”という言葉が一般化されて
しまっている世の中、そしてその言葉の意味を
日本の教育でどれだけ説明されているのか知らない現在、
私はできるだけやっていきたい、と思う。
まあ、いきなりではなく、ちゃんと文化、歴史的な配慮も入れて、ね。
[PR]
by flowfree | 2006-01-15 22:27 | 人種