アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:管理人( 2 )

昨日、友人とその家族と話した時、”あなたは何をやっている人?”と聞かれ、”ああ、ブログを書いてるんです”と思わず話す(笑ーもちろんその後に他にやってる事を説明)。どんなの?と聞かれ、アドレス教えて、と言われたが、日本語なのよー、と言い、内容を伝えたら物凄く価値をある、と興味を示してくれた。”ちょっと真実を告白、っぽいの?””イニシャルで?”などと。彼らは活動をしている同士。お互いをサポートしあう。でもブログをやってる、なんて話今までしたことなかった。私事、と思いながらも話してみていい反応を聞くとやっぱり嬉しい。そして先に繋がる。色んな意味で。

そんな中。★てれびまにあ。さんのところで最新のSPA!の記事、”良いコラムや小説を書きたかったらブログをやめるべき”について載っていた。

なんか一方的のような感じだけども。ブログやっている人は芸能人、小説家、筆業のプロとたくさんいますよね。日記を書いてたり。それでそういう人が原稿料ナシで書いていると原稿料を元に仕事をしている人たちを脅かす、っていうのがポイントっぽい。

b0058997_363958.jpgうーん、人によって状況違うし。自分の状況を基盤に全て関わる人に”脅し”のようなwarning(警告)。これはイキナリ過ぎると思う。色々な使われ方あるでしょ。良い小説やコラムをいつか書きたいけど練習したい、とか、他のブログを見て書きたくなった、とか。

記事ではブログの良い所も書いてあるらしい。そして彼ら(筆業者の対談みたい)の立場上の話をしてるのもわかるけど。”ワタクシは9割5分のヤツらを怒らせるのが面白い。反発する、ってことは精神が動いているわけだから”。筆者はもちろん反発は意味があり同時に同意にも凄く意味があると感じる。

特に外国で長くいて、まわりにはここまで長くいる日本からの人間とはなかなか会えず、人権について語り合える人間も極端に少なく、独りよがりのように感じる時がある。でもそれを日本語に記して、頭から放出してみたら思いがけないコメントを頂けた。自分の勝手な思い違いや同じように感じる方たちが意外には多いのかもしれない、と心強くなるのはもちろん、視野が広がり、権威主義をもっと批判してやろうじゃないか、と思ってくる(勝手な流れですが)。

b0058997_38882.jpgあともう一つ。極端、と思えるかも知れないが筆者には去年急に身体障害者になったキョウダイがいる。急になったので現実を見つめるのも、先を考えるのも、筆者には想像がつかないほど辛いってもんじゃないだろう。筆者はでも退院してすぐに、今までヤツが触ったことがなかったコンピューターを持つべきだ、と思いヤツに渡るよう作戦を練り(?)成功。それで障害者保険のことや、自分と同じ経験をした人の話など、何でも検索できるし。世界が一機に広がるでしょ。

まあ、今はまだ使えこなせてないし、興味もでてないっぽいが、そのうち障害者の方々の日記のようなブログを見てくれればなあ、と思ってる。自分だけじゃない、フツーに生きてる人もまわりにいる、と思ったり、とにかく何かを感じてもらいたい。まあ、またまた勝手な希望で、そんな状態じゃないかもしれない、本人は。

このSPA!記事、全部読めないけど考えること多い。でも批判的にみたかった。。。
[PR]
by flowfree | 2005-07-11 03:08 | 管理人

こんにちは

*寄ってくれてありがとう。テーマは反権威主義や社会のなかでの疑問とちょっと硬いですがあまり他で聞いたことのないようなことを書いてどーせなら面白い・興味深い内容に、と思っています。

*自分は海外のある二つの国のいくつかの大学を通して長い年月を過ごし色々と学んで来ました。この経験は財産だと思うのと同時に物事を見る視点がかなり変化して来ました。学んだ事をそのまま私生活への視点にもちいり実践に繋げるよう様々な政治的活動に関わってきました。感じたことを記録したい、と思いました。

*世間が狭い上、自由に書く、ということを続けたいため、場所や名前は伏せるようにしています。

*そのため、自分についてもあまりヒントは出せないのです。しかし個人的な交流の中ではもうちょっと可能だと思います。

*海外、外国といっても自分の経験が全てに当てはまる訳はないので特定の町や大学を明らかにできればいいのですがテーマを続けるに当たって、(そしてそれが自分には重要なことなので)あえてそれを避け、自由な表現を優先しています。とある”いち”外国大学文化/状況、と見て頂きたい、と思ってます。こんな事もあるんだ、こうやって感じる状況もあるのね、などと取ってくれたらうれしいです。

*テーマ以外の事も気分によって書きます。読者が楽しめる・興味を持てることだといいな、と思い書いています。

*物事を考える背景や表現の仕方は人それぞれ。視点が異なるからこそ人生は楽しいことも多いし、意味があると思います。それを配慮しても管理人としてこのブログを管理する責任は持っています。
コメント上での確認のない一方的な判断に感じる表現はとても権威主義的と感じますし返信する責任を持ちませんし、コメントを残す責任も持ちません。

*ですのでいくつか、自分のも含めて削除を行うことがあります。このブログの管理人としてある程度の流れをコントロールしたい、との配慮や常連さんへの尊重の意味も込めて行います。他の滞在者に不快感を与える可能性のある発言、マナーや言動などは受け付けません。以上の理由も含め不適切と感じたものは削除します。

*コメントを残してくださる方は上のルールに同意したものとします。同意しない方は退場願います。

自分が訪れた事がある国は以下の地図の赤の部分です。
b0058997_12581174.gif

国の数から見ると世界の7%だそうです。結構行ったつもりがまだまだですね。。。

ちなみに自分は:
- 三人キョウダイの真ん中 (海外では”真ん中っ子症候群”という病気名があると日本では知られているのかー、知ったときはショックなのと納得なのと、両方だった。。。)
- タモリ倶楽部が好き。考えられる映画が好き。演技のうまい俳優が好き。
-  わりと行動派(”惚れた腫れた”以外。。。)。行動しないと何も始まらないよ、革命も!というちょっとユートピアンな痛いところもアリ。しかし行動し過ぎて?現在は慎重派、のが正しいかも。


*長くて硬い文、という指摘もあり、なるたけまとめ、時には2回に分けてアップしようとしています。しかし日本語長文というものをここで練習したい、という気持ちもあり、自慢の速攻ブラインドタッチで気が付いたら長すぎで自分が疲れていることが多いです。

*表現する仕事上の立場にありながら締め切りがあるとやれなくなる、という事実へのやり切れなさがブログでダダダダ打ち続けることで、消化されているようです
[PR]
by flowfree | 2005-05-25 18:36 | 管理人