アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ザ・堅くない話( 3 )

知らなかったドラちゃん

日テレでドラえもんやってた、って知ってました?
人気無くて一年で終わった、って書いてあるんだけど。
結構衝撃的でミステリアスな映像と主題歌のコレ
ちょっと重いけど待って見る価値あります。

う~ん、この音調や違和感を感じてドラえもんが自分にどれだけ文化的にも歴史的にも
染み付いているのか理解できるような、できないような・・・
それでテレ朝の明るい主題歌はやっぱりコレと比較した結果だったんだろうか・・・

ちなみにのび太の学校の名前、下町学校?って同じなのかな・・・

・・・とそれなりにはまってしまいもっとしっかり説明してあるサイト
幻のドラえもん!日テレ版ドラえもんについてだ!!!! を見つけました!1973年4月から一年ではなく半年で終了した(テレ朝版は79年4月から)とかスネオの声は実はジャイアンだった、などの秘密もそれぞれのキャラの声も聞けます。

うーん、マニアさんたらスゴイなあ。感心。
[PR]
by flowfree | 2005-11-13 18:34 | ザ・堅くない話
ハロウィンの夜というのはもうあまり自分には関係なくなっているんですが
まわりではどんな年代の人も楽しくなる計画を結構たてています。
パーティーやイベントや映画に衣装になんでもみんな結構話しています。

もうちょっと若い頃はこぞって楽しんでいたけどももうそれは他人事に
なってきてまして。ただこの時期に自分に関わることと言えば
時間が変わる事くらい。

知ってる人もいると思いますが北米では4月とこの時期に時計を
いじらないといけません。夏時間、冬時間、のように日が暮れる時間が
かなり変わるので毎年2回、時間を進めたり、遅らせたりするわけです。
この時期は冬への準備なので一時間遅らせました。
朝起きても普段より早い時間のような気がするのでちょっと得した気分ですが。

このシステムは長く住んでもなっかなか忘れてしまいがちで
それにハイテク産業のお陰でコンピューターやビデオは自然に
時間が変わっていたりするので気づかないでそのまま一日を過ごしたりします。
それで腕時計だけ変わっていなくて、一人送れて仕事に行ったり、人に会いにいったり
というのもなきしにもあらず。ハロウィンの特別ランチに行こうとして
一時間待っても友人が来ないので怒りの電話したらまだ寝てて、
さらに怒ったら自分が時計を変えてないのが悪かった、なんてのもあります。
それでまだ時計直してないんですけども。

家の近くに公園があるので花火というか爆竹がずーーーーっと鳴っています。
今夜も耳栓が活躍しそうです。でも耳栓は毎日して寝てるんですが
それもアパートが古くて、上下の音や、暖房の音がガンガンうるさくて
良く寝られず、睡眠麻痺が起こるんです。寝てるのに脳だけ目が覚める、ってやつで。
これで金縛りや幻覚というか現象を見てしまうんですわ。

初めはほんとかどうか怖かったんですが検索してみるとどこでも
まったくそのままの状況を説明しているので睡眠麻痺ということが理解できました。
これになると部屋に誰かが入ってきたり、起こされたり、引っかかれたり、
怖い状況になり焦ったりなんだり困るので、音がしないように耳栓するように
したんです。そしたら驚くほどにこれがなくなったので、やっぱり
霊感とかそういうのでは全くないことがわかりました。

とにかく、たまの楽しみなんだから外で思う存分楽しんでくれたほうがいいですね。
そろそろ寝ます。
[PR]
by flowfree | 2005-11-01 17:43 | ザ・堅くない話

ザ・堅くない話

時々はちょっとお休みして他のことも書いて行きたい。

☆最近気がついたこと。

カルシウム剤を毎日飲んで一ヶ月くらいたっただろうか。
爪が凄く伸びる。速く伸びる。

Macのほうがブログの画面が断然キレイ。

たまごポーロというお菓子の野菜味、かぼちゃ味を買ってみたが
味の違いがあまりわからない。
そしてボーロというお菓子はいつどんな時に食べたくなるのかがわからない。
だからいつになっても減らない。
でも興味持って買ってしまってたくさんある。体が欲さない。

手巻納豆の元祖のお菓子が西の方の地方で売っている。
それがワサビの味もして感動するくらいうまいのだが安くない。
地方発想で送ってもらうのだがたまの贅沢だ。
だけどそれをそのままパクッたのか?という程そっくりのお菓子が
東京の会社で作られていて浦安のイクスピリアで売っている。
食べると口の中が分離してワサビの味もしなくてなかなか無くならない。
体が欲さない。
でも何度説明してもカゾクが好きだ、と思って買って送ってくるので
食べるようにしている。そしてやっぱり感謝する。
だからきっとまた買ってくるんだろうなあ。

マヨネーズの1/2カロリーを以前買って帰ったので
カゾクに送ってくれる時は今度1/4カロリーを送ってね、と
念をおしたら1/2コレステロールオフ、というのを送ってきた。
(1/4じゃないし、カロリーオフでもないし)

中国系の食品屋で信じられないくらいどでかいキャベツがあるんだが
大体が白くてでかくて、どう考えても遺伝子組み換えだろうなあ、と
思って買わないようにしていたんだが今回みたらでかいけど
緑だったのでつい買ってしまった。
(キャベツが緑なのは当たり前なんだよね)
中国系の食品屋に行くと何が良くて悪いのかわからなくなってくる。

まあそんなこんなの毎日です。
[PR]
by flowfree | 2005-10-24 10:53 | ザ・堅くない話