アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっと彼らの文化がわかりません。。。結構韓国人の友達は前からいるのだけど
今は時々会ったりしてる友達Aがいる。お互い左寄りの話ができてまあ、彼は真面目な大人しいそして優しい好青年という感じ。しかし日本からの友人が揃っていうのは彼は凄くいい人だし優しいけど色気が、セックスアピールがゼロなのよね、というもの。童貞よ、きっと、と言ってる年上の女性も言っていたほど。そしたらやっぱり韓国人男性の友人の間でも、あだ名が僧、だということ。女性とか性の興味が普段から欠けているのだそう。これはAがつれてきた友達というのがさんざん話していた。それで面白くなって思わずちょっと彼にまわりでセクシーさが感じられないからそういう話はしないほうがいいかも、って言ってたのよ、と酔っていたこともあってはなしていた。傷ついていなければいんだけど。

でも結構素直に話してくれて、年上の韓国女性の友人Kと三人でいたら、そのKが、あなた、童貞なの?と直球を投げた(笑)Aは、う~ん。。と悩みながら一人の女性と付き合ったことがあるからそういう機会はあるから、というような答え。童貞ではない、ってことだ。よく冬ソナなどの韓国ドラマであるように一緒に寝ても何もしない、というのはテレビだからで、実際はそんなことは全くない、と話していた。

そしてkとついでに。。。Aがどうみても性に興味ありそうに見えないから、いつごろから自分自身で処理するようになったの、などの質問も。。。今考えると可愛そうだったかな。まあ何事も奥手みたいだった。


しかしこの彼はクイア関係の話にも興味がある。自分もなぜか誘ってきた。だからあ、この人もなんだ、わかってたのね、と思い一緒にある同性愛結婚の話し合いの集まりに行った。そこである弁護士が”まず、この中でクイアはいますか”という質問に、自分は、クイア友人が後ろにいたこともあり、恐る恐る手を挙げた。そしたらAも手を挙げたではないか。そこでええ?って思ったが、あ、こういうことを私と話したかったのね、と思い、なるほど、うんうん、と。帰りに食事したときに、で、いつからこういうことに興味を持ったの?と聞いたら、うん、最近かな、という答え。知らなかったよー、私はウン年前くらいかな、とか会話をしていたら”でも僕はゲイ男性の気持ちがわからなくって。自分は男が好きになれないから。。”などと言って来た。初めは、まだ自分を受け入れられないのかな、話したいけどそれもできない状態なのかな、などと深読みをしていたのだが、のちに発覚。彼はクイアの意味を知らなかったのだ!!手を挙げたのは、私が挙げたし、その単語の意味がわからない、と恥ずかしいと思ったから(良くこういうことはある)聞かずにそのまま手を挙げたらしい。。。。なんなんだよっ!!!

その後は前の別れた彼女が忘れられない、というぐちのような話を延々と聞かされ、本人はスッキリ顔で帰り、私はなんじゃこりゃあ。。。という気持ちになった。

まあ、とにかく、コミュニケーションとは難しいものです。。。
[PR]
by flowfree | 2005-02-27 20:44 | 友達

げいまりえっじ

やっぱり、という感じで友人のゲイカップルが結婚。なにか送りたいから住所を教えて、っていうので教えたらやっぱりだ。二人は私がきっかけで出会ってたりする。けど私とAが凄く仲が良かったことからに相手のBが私との関係性を疑い初め、焼きもちをやかれとってもとっても嫌な気分にさせられた。私は友人関係を家族より大事にするところがあるし、いつもそれを話していたらそれでさらにBに疑われたようで。それをAに最後最後まで言うのは我慢していたけど結局こんだけひどいことを言われなきゃいけないの?ってとこまでいったので相談したらやっぱりそれについては何も返事が来なかった。正直言って複雑ではあるだろう。
まあとにかく。私はへてろでもげいでも結婚式に行くことにはあまり興味がない。人権的な問題でお祝いになる人もいるが、ただ結婚したいし、できるし、しますーっていう人にはああそうなのね、じゃあ食事でも、くらいで済ませるのが自分では自然だ。
実は2度くらい今まで参加したことがある。初めてはレズビアンカップルの結婚式。多分10年くらい前。親が反対しながらもBBQをしながら公園で参加してたっけ。そしたらなんと数ヶ月後に”離婚”。あげたプレゼントはなんだったんだ?離婚、という”不幸”なことになったのでその話もほとんどしてはいけない感じになりまったくよくわからないままその人たちとは音信不通。

もう一つは一昨年くらい。近所でへてろの友人カップルが結婚。それも男のほうと仲良くしてたら奥さんに疑われてたのでじゃあ私がくいあ、っていっちゃいなよ、と言ってまるく収まった話。感情の動きというのはどうしようもない。
とにかく、そっちの結婚式も行きたくなかったんだけどまあ、やつは私のせくしゅありてぃも認めてくれて普通に遊べる数少ないヘテロ日本人男友達で自然になれるからちょっと参加してみた。でも事前に急にプレゼントはものじゃなくて色々とお金がかかるので現金がいいんだけど。。。と言われてびびり、なんじゃそりゃあ、と始めは嫌だったけど後になって実はできちゃった結婚で、仕事のない旦那/友人はかなり焦っていた、というのがわかった。
まあ、それくらいだったらいいか、という感じで。

で偶然にも8月にへてろ友達の結婚式に誘われた。もちろんいくつもりがなかったがドイツの友達がなんと参加する、というじゃないか。この子はいい子で何度も一緒に旅行して部屋もシェアしてる相手。じゃあこの子がくるならいくか、となったのだけどもし彼女が行けなくなったら理由つけて参加しませんからね。だって意味がないからさ。。。普通に食事しましょうよね。でも結婚の疑問の話をしてもしょうがないからあまり関係ないことをネタに。。。

とにかく、昨日だ、ゲイカップルの結婚式、飛行機で5時間離れたところだし、断ったのに、メールが来て”君が僕たちが出会った理由でもあるから特別なゲストとして来て貰いたいんだよ”という。近所だったら考えるし、それに焼餅やかれて散々嫌なことを言われたりされたりしたことについてなんらかの話があれば変わるんだけど。なかったことになってるんだよなあ。。。そういう態度はヘテロだろうがゲイだろうがレズビアンだろうがおかしいと思うんだけどナ。ま、ゲイなのにやきもちを女性にする、っていうのも強制的異性愛主義のなせることで、それにゲイも影響されてしょうがない、ってことなのかしら。全くわからん。私はもういいわ。
[PR]
by flowfree | 2005-02-27 18:34 | 家族制度