アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

あれれ・・・ どこぞの同盟まとめサイトを見てみたら
私の枕詞を入れる努力も報われず、勝手にまとめられて
枕のずっとあとの文も入れられてたなあ。
うーん、どうしようかね。。。

ま、とにかく愚痴、というものを文化的なイデオロギーとして
考え始めのでちょっと書いてみたい。
とりあえず: 今やってるバイトはどうにもシンプルな仕事なんだけど
常に愚痴を言っている人たちがいてそれが私にとっては興味深かった。
どうやったら愚痴られる内容がそれだけ出るものなのか、
シンプルなものから強引にも組み立てて造る愚痴の創造性や
拡張性に感心してしまう。
愚痴っていうものには凄い可能性があるんだなあ、と。

シンプルなことは人や状況によってシンプルに見えないし
複雑化させることも可能だというのはある。
それで例えとして、”シンプルな仕事”の極論として
一人で一つの事務の仕事をもくもくとやること、を例にして考えてみよう。
それでも愚痴は出来るけどもあまり変化のないそれほどの
シンプルなことを日々続けて愚痴りなさい!という指令が出たとしても
ある程度やればネタも尽きるだろう。
でも指令が出てるんだからもっともっと言わないといけないとしたら
自分の以前の経験や、ある程度の憶測や妄想を
入れて広げて話していくと時間が埋められ結構続けられると思う。
今書いているこの”例”のように、ある"例”を出して次から次へと
話し続けられると思う。

その拡張性や想像性を他人とシェアしていくと会話、
状況、人との関係も刺激され複雑化され
仕事への体勢も変わるし、一緒に愚痴る相手との関係性にも
変化がおきる。現に、愚痴を肴に昨日は何時間も居酒屋で過ごしてしまった。
だけど私は愚痴仲間に普段は入っていなかった。
理由は単に愚痴る女性パートさん達の部屋っていうのが
空気がコモっていて循環悪く、代わりに広くてソファのある男の休憩所(爆)
に一人で行ってしまうから。まあ、愚痴モードの影響の受け方にも
選択視を入れたいのでそこはわざと入らなくてもいいな、と思ってる。
(みんなで飲んでる肴としての愚痴は楽しめる)

私も今まで日本では多少、そして北米では結構色々な
種類の仕事をしてきたけども
それに比べると今のシンプルな日本でのバイトは
とっても楽で、過去にここでいくつか書いてきたような
怒りや愚痴が不思議なほどでてこなかった。
もちろん、環境も状況も立場も違う中での仕事、っていうのもあるけど
やっぱり人間関係なども複雑さはあまりないし
それを理解しようにもそれが可能な環境にいないほど
下っ端な立場にある仕事なんだと思う。

それでも愚痴っている方たちは
よくぞそこまで続くなあ、という愚痴の創造性が
更なる創造性を生ませようとしているかのように
現実の経験と刺激しあう。
実際、愚痴る方たちは職員の人に嫌味を言ってみたり
それで怒鳴られたりと不思議と物語が洗練されて
愚痴も洗練されたりしていた。

昨日一緒に飲んだパートさんは
他の職員やパートさん数十人の前で
一人の男性職員に怒鳴られたそうだ。
私は休みだったんだけど
男性は興奮しすぎて舌が回らずに
他の女性職員が通訳してくれたほどだったそうだ。
この女性は怒鳴られても
言い返し、その男性の前で横にいたパートさんに
”この人頭おかしいんじゃない?”
と発言。男性職員は
”君の評価はとても下がったよ。君は職員を尊敬しない!”
などと色々とまあオカシイことも多々言っていたよう。

それでそのパートさん、すぐその男性の上司に
話し説明。その場にいなかった上司は大丈夫、というような優しい返答。
このパートさんは以前にも口調が厳しい職員さんに
言い返したよう。でも全ての行動は正論だったと思った。
ただ、もっと酷い状態を見てる私にとっては
あまり頭に残らない状況。
そういったことがあったようでこのパートさんは
周りの愚痴メンバーや職員に一目置かれていたようだ。

ただ、昨日の数人の飲み会で発覚したのだが
彼女実はNY大学の院で教育学を学び
そのままNYで就職していたらしい。
日本に戻りそれなりに色々と堅実的なお仕事をしていたけども
時給が高過ぎるという理由でリストラされたそう。

そう、職員に言い返し、一目置かれ、意見を主張していたのは
やっぱり海外留学組女性で高学歴の人だった。
"生意気女留学生/帰国子女”のステレオタイプそのままだ。
そしてやっぱり
”海外で暮らすとフツウの常識が見えてきてとても人間性が磨かれた”
と話していた。

後に彼女の海外に行った理由が日本でしていた派遣の仕事や人間関係に
辛くなったこと、と知り、”海外に行ったから、というよりも
日本を出る前の状況が大変だったからそう思えた、という訳で
大変な状況でなければそう思わなかったかもしれないから
海外で素晴らしくなった、ということとは違うんでない?”
と厳しい突っ込みをしてしまった!
その女性はそうだね、と言っていたけども。

私は海外でこうなりました!とかそういう浅はかな判断を
もっと追求して
”海外生活/留学は素晴らしい人間を造る”説
をぶち壊したい。現に、海外に行った、留学した後に
大きな勘違いをして見ていて残念な気持ちになる
人がいたりする。先週もそういう人とあって
将来イイイミの可能性を秘めている人と思ったのに
海外留学で勘違いされてしまい、つまらない人になっていた。
ま、つまらない、という私の定義とともに今度それも書きたいけども。
(つまり海外留学や生活をして”つまらない人間”も造られると思っている。
勘違いや先入観の延長を助け、批判的観念を個人的かつ勝手な
自己の経験を元に妨げる。”私が実際に経験したんだから”
という誰もわからない理由をあげ、妨げやすい)

とにかく、海外に2,3年いると自分の持っていた
日本で温められ無意識に構築していた海外観念が
良くも悪くもその元々あった観念に沿って洗練され、
ぶち壊される前に日本に戻ってきてしまう事が多いと思っている。
”あれ、海外にいるから、っていうよりも自分の人間性や元にあった先入観が
こういう気持ちにさせてるのかな”って考え始めるのに数年かかる気がする。
そういう傾向を良く見てきた。もっと長くいると海外生活なんて
一つのやり方、とう意味だけになり、カッコいいとか人より優れてるなんて
ものと関係なく、そう感じていた自分が恥ずかしい、という気持ちも生まれたりするんだけど。

とにかく、パートでの愚痴環境を円滑?にさせ
日々創造していた中で留学、高学歴女性が重要な役割を
果たしていたのは確かだった。

それに周りの女性も加担していて一緒に態度で
職員に反発心を見せていたりしていた。

なかなか奥が深い、と勝手に一人で観察していたんだけども。

昨日一緒に飲んだある一人の女性にこのブログ教えてしまったんだけど
失礼じゃなければいいな、と思って書いている。
だってほんとにおもしろい!と思ったんだもーん。

仕事のタイプとか人とかもそれぞれ多様だけど
北米での状況で短期といえどそれほど知れない人に
職員に対して愚痴る行為は結構ご法度というのもあるから。
上と繋がっていてチクる人もいるかもしれないし、
上のステイタスを目指している人もいるから
愚痴るのはとってもタブーになる。だからつまらない。
相手が特に権力者ならやるべきなのにみんなやらない。
だから日本の短期パート女性がこれだけ自由に愚痴る、
というパワーと意力?にちょっと感動のようなものも覚えたのも事実。

色々と考えるきっかけを与えてもらった!
[PR]
by flowfree | 2005-12-30 18:12 | 権力社会というもの

久しぶりの2丁目で

毎回記事を載せると初めの何行かは
どこぞの同盟に参加しているので
他の政治関連のサイトと一緒に
まとめて載ってしまう。
そのため、他のコイズミ批判の記事が
ずら~と何十、いや百以上かな、
並んでいるなかに、
私の書いた(それもつい先日)
”授業中にSMを楽しむ術”
なんて記事がポツンと並んでいたりするので
正直気をつけることにした(笑)
別に同盟の一つとして載るのは全く構わないのだけど
やっぱりそういうのにあまり興味もないかもしれない
ところで堂々と自分の何気ない観点を見せるのには???
という気持ちだからこれからは枕詞のような
文を毎回いつもいれるかもです・・・

そして北米ではお互い飛行機で5時間くらいの
ところに住んでる友人が同時期にこっちに戻ってきているので会うことに。
彼は30過ぎて北米でカミングアウトした2丁目童貞なので
2丁目探検ついでに食事にした。
ちょっと迷った後、”Friendly town" のサインのソコを発見。
異常に静かな如何わしい?ものも売っている
お店に一緒に入り素晴らしい写真などを
賞味。
b0058997_23582729.jpg

なかなか男らしいお兄さんだけどちょっと昭和っぽい。

だけど数店あった男性のゲイの店でデカデカと大宣伝されて
置いてあり、さらに手書きのポスターなんてのもあるのが
レイザーラモンHGのグラビア本。
b0058997_23531675.jpg
やっぱりゲイにも大人気ですねー。

More
[PR]
by flowfree | 2005-12-26 23:45 | 友達
クリスマスはキライというnicoさんの記事のTBです。
北米ではクリスマスを休日としないユダヤ人も多いし
大学環境にはユダヤ人がどっさりいるので
気軽に”メリークリスマス!クリスマスには何するの?”
なんて聞いちゃいかんのですよ。
その代わりに”休日にはなにするの?”
ならいいです。カードもMerry Christmas
というよりSeason's Greeting (季節のご挨拶)
という言葉をそえたほうが
相手がどんな宗教に入ってるかもわからないので安全です。

それでnicoさんの記事ではオーストラリアの方の
クリスマスを楽しみにしている文化のことが書いてあって、
朝のプレゼントの楽しみなんてあります。
私もそれを垣間見る機会いくつかありました。
プレゼントをいくらまで、なんて日本の友人と時々やってたように
言ったらまずそこでいや~な顔。
恋人同士でお金を限定してプレゼントをあげるなんて!
という失礼に思われたようで。イベントのように思っちゃいけなくて
心をこめて相手を喜ばせるものがいいみたいで。
それでじゃ、と思って相手の受けを狙うのもいれた
近所の巨大スーパーで購入したでかいぬいぐるみスリッパとか
面白い時計とか、結構安値で済ませて楽しい反応を
もらおうと思ってました。相手は一緒に住んでいた恋人だったんです。

それでプレゼントをお互い渡してビックリ。
相手は収入も良くなくお金に困っているのに
かなり高価なプレゼントをくれたんです。
それもいくつも。私凄く申し訳なく思っちゃいました。
反省。
でも相手は私からのプレゼントを高いものと思ってくれたようで
それなりに喜んでくれましたが。
まあお金ではない、と言っても本人に金額の差が
バレたら凄く怒ったと思います。
だってそれだけクリスマスは特別なのに!!
ってヤツら思ってますから。

っつう感じで北米で経験したヤツらのイベントに付き合うのには
色々と話題がつきません。
勤労感謝の日Thanksgiving
だって家族と集まり食事、と決まってますから
それに外国人の私は恋人がいれば呼ばれるわけですよ。
それで相手の家族に私達がクイアカップルということや
一般に同性愛ということへに理解がされ始めたばかり
の時期だったりすると結構、かなり面倒ですから。
両親やキョウダイ、その連れや彼らの友人達が私達を
気遣って色々話す。そして唯一の外国人の私が
興味のターゲットにされ、細かく聞かれる。
”あなたの家族はなにやってるの?
将来はなにしたいの?キョウダイは?どんな家に住んでるの?
日本は物価が高いでしょ。部屋狭いの?”

まあ、フツーに誰しもが興味あることなんでしょうけど
かなりウゼー。
それに恋人相手が家族にカミングアウトしたばっかり
の時なんて恋人が”ビアンカップルよ、私達!”
というアピールを家族にしたいわけですよ。
”異性愛の恋人と同じく私達だって肩も抱くし
愛情示すし、以前連れてきた男の恋人と同じことするのよ”
っていうアピールなんでしょうな。
居間にいても家族が台所なんかにいるときは
リラックスしてフツウに座ってるのに居間に戻ってきたら
急にチューしようとしたりして。

恋人ウゼー。
って思った次第です。
欧米人恋人とその家族との参加儀式のようなものかもしれません。
でもそれ以来勤労感謝の休みに北米人の恋人や
友人に誘われても頑として行かず日本人の友人と
ホテルで豪華なディナーなんかに行く予定入れたりしてますワ。

って長くなりましたがもうこういう話も昔話なので
現在は誘われても最近はどうなのかいな、って思って
観察しに興味本位で行くかもしれません。
私も多少は大人になったしな。

北米の方達との生活に憧れを持っているかたも
おられると思うんですがそんな夢をぶち壊す
マイペースな生活でこれからも行きたいです。
[PR]
by flowfree | 2005-12-19 16:08 | 文化の違い
なぜかずっと記事更新ができなかったので載せようと思った記事がたまってるんだけど
その内容ももう新鮮味がなかったりする。
それで以下のデカセギ職場で面白い話を聞けた。
”職場の上司達が意外に優しくて驚いた”
と書いたのだけど実はそれは急に最近優しくなったらしい。
それもパートさん数人がある上司の態度に怒り、
もっと上の人に話をしに行き、それ以来急に
本人以外の人間も優しくなった、ということだった。

私の始からの印象、皆優しくて驚いた、というのは
普段からその上司のおっさん(女性は誰一人いません)
は親切だったからではなくパートの女性達の
怒りの行動で彼らの態度が優しく変化してきた、ということだった。

喧嘩をした、というパートさんの女性に話を聞いて
”あ、だからだったんですか。お陰で私は職員さんたちは優しいという印象を持ってました。
初めからだったわけではないんですねー”
と話した。一週間半前の話らしい。
一人の短気なおじさんが良く怒鳴るのでそういうところに
偽りを感じたらし。そしたらその怒鳴る上司職員はもう
パートさんたちの職場には来なくなったらしく
私は見たことがない。
やっぱり知らないところでこういう行動する女性の恩恵を受けるもんだなあ、
と実際に感じたことだった。
労働の権利なんかにも興味のある私としては
とても学べるお話だった。

パートさんたちナシでは年末年始が安心して過ごせない職員達も
変わるしかないのか、と改めたのかもしれません。
パートのチカラを感じた嬉しい出来事でした。
[PR]
by flowfree | 2005-12-19 14:53 | 権力社会というもの

The Dekasegi

Dekasegi、とは今は英語にもなったりしています
(日本研究関連が主だと思いますが)。
それでなんと私もdekasegiに来ています。
この母国に来ちゃいました。
年末に時々実家に帰ると始めの数日は
ゆっくりさせてくれるんだけどそのうちに
邪魔者扱いをされ、しまいには
”あんたは何にもやってないんだから!”
と言われ料理に洗濯に任され、
外に出ても普段着ても他人とカブることがないから
とユニクロに買い物に行きいつのまにか下着とか靴下
ばっかり買ってたり、というなんか時間とお金がもったいないな、
と思うことが多かったんです。

それで今回、大学関連以外のお仕事を日本で
十年以上ぶりにやることにしました。
それも短期集中型のものです。
荷物を仕分けしたり運んだり、という力仕事っぽいんですが
これが結構体にキまして。
更に自転車で仕事場まで通うことにしたので
なんか家に戻ると色々と考えたり面白いと思ったことを
書留たくても気力がないんですな。

周りの人の観察も面白いし。
それにちょっとしか働かないのにその仕事場の偉いサン達は
結構尊重してくれて、丁寧で優しいんです。
当たり前かもしれないけども
日本を長年はなれて、
”もう日本での就職は無理でしょ。社会に適応できないよ”
って言われ続けてきたものとしては(笑)
ちょっと意外でした。

案外北米の上司のほうが腹立ったりして。
この日本の仕事場は公務員が主に働いてるんですが
礼儀されあれば気持ちよく対応してくれる気がします。
北米は、まあ一般論でそれも個人的な意見ですが
彼らなりの礼儀もあるんだけどそれも
バラバラだしなー・・・

まあ短期、ってみんなわかって働いてるので
割り切っていて気が楽になっているせいかもしれないけど
結構やりやすいですねー。

今度は女性教師の続きを書きたいのですが
とりあえずdekasegi報告まで!
[PR]
by flowfree | 2005-12-19 14:40 | なんでも枠
はいはい、Keep9宣言しちゃいます。b0058997_7331517.gif
こういった活動は生活の一部、そしてなくてはならないものなんです。
さらっと宣言して、さらっと活動するのが私のモットーです。
勿論誰に強要しません。
実際に外にでなくてもブログで表明するだけで
かなりの活動になる、ってことは言いたいです。

反小泉ブロガー同盟だって今では色々な新聞や雑誌でも
紹介されています。もちろん、有名政治家、教授などなども
表明していますし。そしてこの9条を守るブロガーズリンクも
TB先を見ると大江健三郎などの著名人、参加しておられるようです。

やっぱり自分のことは自分で守る、ってところです。
相手の批判ばかりでなく、自分で何かをやってから言えよ、
というのが私のモットーでもあります。
誰かが何かをやらないと何も変わらないのは当たり前。
誰かどうにかしてくれよ、って
思って何もやらず批判と文句だけ、っていうのはもっとひどい。
そんな矛盾した生活、そろそろ見直しませんか。
こんな記事にさらっと書くだけでちょっとは変わってきますよ。
何か大変なことが起きたら一緒にサポートし合いましょう。
おかしな人達を恐れていたら人生もったいないですよ。

人生には楽しくてやりたいことたくさんある。
全部含めて楽しみたい。
そのほんの一部の活動として宣言します。
[PR]
by flowfree | 2005-12-08 07:28 | アクティビズム
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 石油温風機事故 修理済みでCO中毒 松下電器製
事実は怖い。幽霊より生きた人間の方が怖いという言葉を思い出す。
死んでしまったら終わりで生き延びた権力者がブイブイいわす世の中だけど
今回は死を持って抗議した人物がいた。
大企業が大きな黒い組織と関わっているということは今はもう
常識だったりするがこういった大企業の、死人まで出た欠陥商品が
公に出るまでのプロセスに一体何が起きていたのだろうか。
それを以下の記事で読んで欲しい。特にしたの元記事が強烈。
偽造文書のコピーや松下の開き直り、被害者当人焼身自殺など。
山岡氏が言うように被害者の執念がやっぱり実ったのだろう。
権力、権威を盾に弱者を相手にしないものに対し
抗議の焼身自殺というのに色々と考えさせられる。
こういった事実が起きているのを信じる信じないはその人の勝手だが
やっぱり私はそういった構造を批判していきたい。
小林さん、松下、謝罪しましたよ。あなたの願いかないました。
おつかれさまでした。どうぞ成仏して下さいね。
情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ): 松下温風機欠陥疑惑ーー焼身自殺していた元販売店オーナー

情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ): 松下電器温風機によるガス中毒死事件で蘇る、もう一つの欠陥商品隠蔽疑惑

b0058997_441749.jpg
新たな石油温風機事故について謝罪する松下電器産業・林義孝専務(中央)と松下ホームアプライアンス・宮崎治副社長(左)。手前は事故を起こした石油温風器と同型のもの=大阪市北区で5日午後6時35分、貝塚太一写す

元のニュースは以下に。リンクが切れたときのため。

More
[PR]
by flowfree | 2005-12-07 04:25 | 権力社会というもの
権力行使を使うのは男だろうが女だろうが日本人だろうがサイヤ人だろうが
筆者としては批判的にみたい。
ただフェミニストとしては相手が女性だと思うと
残念感が強い。

今度の相手は史上最高の性悪日本人女かもしれない。
今まで色々な国で色々な日本からの女性とであったけども
こういった扱いは初めてだった。
しかもまだ会ってはいない。電話だけの交流。
それなのに散々な罵倒をされた。
正直病気か、と疑った。

聞くところによると学部でも迷惑がられ
トラブルメーカーだという。
それで誰も一緒に働きたくなくみんな辞めていくという。
正直戸惑っている。
組合の人たちもこの女性を知っていた。
今まで一緒に働いてきた人物が散々彼女を
相手に文句を言いに来たらしい。

史上最悪のこの教師と来年から色々とやらなければいけないかも・・・
どうなることやら。
[PR]
by flowfree | 2005-12-05 14:10 | 女性
これはびっくりした。
文学のセクシュアリティーのセミナー授業で
ある教授が読めたら読んで、って出した宿題に
この本を出した。

この中のセクシュアリティーの流れはかなり
激しい。SMにもソフトとハードがあるんだけど
これはハードもいいところ。
性行為の間に首を絞めたり、殺させてくれ、などの
感情の流れが出てくる。
やられる方(女性)が主人公で夏の蒸した温度、湿度、体の汗、匂いを
刺青、ボディピアス、血、性器などの話と残虐な犯罪に繋げ
表現がうまくなかなかSMの興奮と怖さをだしていると思う。

ちなみにこの授業を教えている教授は自分はマゾとのカミングアウトを
私にだけしてくれたことがあり
(結構昔だけど忘れない・笑)
筆者としては彼女がこの本を宿題に出して
生徒に読ませどうやって分析するのか、という
のを知る楽しみが出る。
どうみても他の教授や学生にこんなことを
話しているようには見えないので
私と彼女だけの秘密に勝手に置き換え興奮しているってことなんだけども。

だけど色々あってその授業に参加できなそうだ。
とっても残念。こういうところから最高の羞恥プレイ(大勢の学生がいる中で
特定の人間にしかわからない表現や意味合いを言うと
とっても興奮すると思うんだけど)
が生まれると思うしなんか秘密チックで楽しみなんだけどな、グフフ。

って大学の授業を一体なんに使ってるんだよ、ってことか。
いや、もう大学は学んで考えて分析してヨソに応用する、って
点でどんどんこんな楽しみ増やしていいと思うんだけども。
それにプラトニックなんだしさ(そうじゃないときもあるだろうけど)
それにこういった経歴からこの教授のM度を話せるまでになった
訳だからこれは素晴らしいことだ!という自己完結して
今回はここまで(笑)
[PR]
by flowfree | 2005-12-05 07:45 | sexuality
今日は銀行にやっと行き、今までやらないといけなかったけど面倒でずっとやってなかった事柄をやろうとした。朝から一日ずっと疲れてたんだけどラップトップを持ち歩き銀行で書類を披露しようとしたらそれもバッテリ切れで無駄に終わり、その後美容院に行ってなぜか料金が払い戻されていた分をまた払いに行き、そんで大量にトイレットペーパーを買い、料理するのには疲れたので向かいのマクドナルドに久しぶりに行ってマック大人買いをしてしまった。
チキンナゲットにポテトにラップにフィレオフィッシュという大金を使いこんでしまった。数日これでいこうと思う。

北米ではマックを食べることがとてもネガティブに見られる。
マックで食べる、っていうのが不健康で、脂肪だらけで、
安くて、質もわからない材料だから教育を受けていて中流家庭かそれ以上で
育っている子供も大人もマックというと
”ウーッ”って吐くまねをするのが良くある光景だ。
だから大学にいてマックで楽しくなんか買っていこうよ~なんて
言い出すと人格や家柄を疑われるような目をされるんだけど
想像できますか。日本ではこうじゃなかったよなあ、って良く思うんだけど。

でも周りがそうだと余計食べてやろうじゃないか、という気になる私としては
周りが何をいようが気にしないで食べたいときは食べる。だけど
ハンバーガーにも色々種類があるからもうちょっとお金を出せばもっと
うまいものが食えると思うと結局足は遠のいてしまう。だから
一年に一度食べるか食べないか、というリズムに結局なってしまう。

それで思い出したんだけど実は同僚で東ヨーロッパから養子にもらった小学生の子供がいる女性がいるんだが彼女は今の仕事に来る前はアフリカにいた、という。旦那と一緒に。何をしていたの、というとマックで働いていた、というじゃないか。冗談だと思ったけども彼女も旦那も真面目な顔。まさか。なんとマックの国際化、いやアフリカ経済侵略の第一人者、責任者としてまかされて行ってたらしい。実は私はファストフード研究のようなことをしていたことがあったので、まさかマクドナルド大学行ってないよねえ(マネージャーなどが通うシカゴに本拠のあるマック大学、といってもビルの一角)というと、もちろん通ったわよ、ということだから本格的なマック侵略後継者だったようだ。

その頃のことを聞くと”酷かったよ。色々ありすぎて”と多くを語ろうとしない。

現在彼女はれっきとしたフェミニストで色々なことを疑問に思って活動しているようだけどもなかなか世間は狭いし、広いし、人とは話して見るもんだ。

というような食生活に関わることをちょっと書いてみた。
[PR]
by flowfree | 2005-12-03 19:05 | なんでも枠