アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー

<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0058997_1514535.gif女が階段を上がるとき、鰯雲、乱れる、を観た。
去年は監督の生誕100周年記念ということで色々なイベントがあったらしいが
私は無知だった。この人の映画には気持ちを動かされた~。

良く小津安二郎と比較されるらしい。二人とも女性を主に描く事が多い。
普通の女性が崩れて行く様や普通でない状況の女性の大変な日々。
でも成瀬の”浮雲”を観て、小津は”自分にはできない作品”と称えたという。
成瀬の映画のそれぞれのタイトルやまとめ、写真がここで見られるけど、最後の加山雄三出演の”乱れる”には
なぜかまとめがない。

加山雄三が25歳の青年の役をやっているのだが始めは
この人の青大将とかなんとかの映画の”ダイコン役者”振りの印象があって
期待できなかったんだけど後に申し訳なく思った。
この彼の”棒読み”かと思われた演技が実はちゃらんぽらんな
フリーターのような男性の像にぴったり合っていたように見えたからだ。
演技していないように見えて実はしているようで、
実生活は女と遊んでいるが実は一緒に長く住んでいた義理姉が
好きだった、という不器用さがうまく描かれていたようにみえた。

b0058997_15273164.jpg今思うと、”女が階段を上がるとき”でもホステスのママをずっと好きな
マネージャー役の男性が告白できないからお店の女性に手をだす、というのと
そっくりな設定だ。こういうのが成瀬はいいのかね。

まあしかし、加山雄三に戻すと最後のどんでん返しが良かった。
全然想像しなかった、ワイルドなエンディングは小津には見られない気もするが。

とにかく成瀬監督も小津監督もそれぞれ好きだが
二人の描く女性の中では成瀬のモノの方ちょっと好きかも。

女が階段を上がるとき(1960)は去年ドラマ化された松本清張の黒皮の手帳(原作1983)
にそっくりな部分があるのが結構驚いた。ホステスの話、手帳を持って銀行員に
お金を借りに行く、主人公のホステスバーのママの暗い、淡々とした口調で
続くナレーション。そっくりでんがな!と思いましたが。

成瀬作品、買いたくなってきたなあ。。。
[PR]
by flowfree | 2006-02-28 15:26 | 映画:日本含むアジアもの
まず、トリノのスケート、荒川さんが金か、と思って
色々番組を見てたら、スケートのプロなどがオリンピック番組の解説で”荒川は良かったわよ”とそれなりに褒めていた。
でもそのあと司会がぶっちゃけてました。
”でもどうですか、今年のちょっと
レベルが低くなったんじゃないですか。一体どうしたんでしょうか。”
プロは”それはそうですねえ、オリンピックはどうなるかわからないし、みんなかなり緊張していて実力者も始める前の顔でもう失敗するんじゃないか、と思えたし、実際にちょっとしたところで失敗して私たちはショックを受けました”などなど。やっぱり普通だったらこのレベルでメダルじゃないだろう、という感じに話してましたが。

もう一つのニュースではotaku、って英語で紹介してメイドカフェをうつし、
ソコの常連で興奮してメイドを見れて喜んでる
兄ちゃんが説明してました。
”オタクはITの発展に貢献してるし
オタクなしに日本のハイテク産業は語れない”

メイドカフェがうつって沢山のお客さんも見え、
ご主人様、とメイドが語りかける様子。
いらっしゃいませ、の代わりにお帰りなさい、というメイド。

そしてVTRが終わり、ニュースキャスター(女)は
笑いながら
”この男性が幸せそうなので私も幸せです”と発言。
う~ん、やっぱり不思議な文化なんでしょうな。
英語の記事は以下。
日本のヲタクがIT発展の鍵を握る
”ヲタクの涅槃ではメイドが大人気”
[PR]
by flowfree | 2006-02-24 17:06 | 文化の違い
とうとう友人の結婚式に行ってきた。
そこで同じテーブルになった私より数歳年上のHさんの話によると
友人Tさんは50代後半らしく、その旦那さんになるMさんは78歳だそうだ。
始めは65歳とサバ読んでいたのが75歳、とカムアウトしたと
思ったら実は78歳だと・・・ 
もう、何歳でもいいから、もう、これ以上嘘付かないで、泣けてくるからっ!

って感じに思ったけどもまあ優しそうで気も利くしっかりしたザ・78歳Mさん。
優しくて私と一緒に遊んでくれるTさんとはとってもお似合いのカップルと思いました。
ただね、この会の平均年齢、高かったですねえ、やっぱり。
まず私たちのテーブルが若者テーブルだったんだけども、
そこのテーブルで私が一番若いかも、というレベルでして(そう、私若くはないです)。

それで他のテーブルは旦那さんのゴルフ、カラオケ、社交ダンス仲間らしく、
司会のじいさんが次々と呼ぶおっさん達はここぞとばかりに
歌披露。一人は最近まで芸術史の教授をやっていた日本人おっさんだけども
セクハラ問題で辞職(今度ネタに書くつもり)、でイタリア語でサンタルチアを
歌います、っつってマックコンピューターを持ち出し、音楽と歌詞を見ながら
歌う。その後もぞくぞくおっさん達が嬉しそうに、恥ずかしそうに
英語の歌を歌うが時々マックの操作がうまくいかない。
当日の練習で電池を使い切ってしまい、本番で電池が使えなくなってやんの。
さすがですね。

んで、芸術史の教授だった奥さんが呼ばれ、前に出てきて歌でも歌って、と
頼まれしょうがなくでてきた。なんと、一人勘違いのセクシードレスで
背中に胸にと開けてたおばさんだった(日本人)。
前に出てきたら、”私歌歌うにも何するにも酔っ払いすぎてできないと思うんだけど(笑)”
と言い、だからダンスにするわ、と言って踊りだした。
音楽もないところで急にフラフラ踊りだすからなんか習ってるのかと思ったら
何のダンスでもなく、不自然に腕を広げたり腰を動かしたり前後ろに動いたり。
みんなはドン引きだったけども可愛そうなので手拍子をして、いいところで手拍子をやめて
終わらせた。夢にでてきそうな儀式のようなダンスは怖かった。

日系の年配コミュニティーの方たちが集まるとここぞとばかりに
披露したくなるみたいですねえ。それもカラオケとかはありがちみたいだ。
事前に一人一人にこれを頼みます、といわれたのはマックなどを用意してた
少数だけであとはいきなり指名され芸を求められた。

私のテーブルにはおしゃべりなHさんがいたので彼女が前に出て
Tさんのお話しをして事なきを得たけども。日系結婚式ってこんなもんなんでしょうか。

あと一つ驚いたのが私も一応こちらの人たちが包むようなお金を包んだけども
私より年上の日本人Hさん、Kさん(40歳ほど)などはお互いに3千円づつほど払って
商品券を買ったそうだ。

こんなドケチとは友好を深めたくない、と思うのは私だけでしょうか。
せっかくの友人の結婚式、少なくても5千円くらいは包むのが礼儀だと思うけども・・・

その帰りの2次会で、男性がちょっと多めに払った。私もちょっとと言っても
数百円余計にチップのために置く。そして帰ろうとしたら実はチップを入れたらお金が
足りなかった。そう、ザ・ドケチ日本人女H&Kが自分の分も少なく払い、チップも
もちろん少なく計算してるからだった。

40にもなって、こっちのウエートレスは時給は3百円くらいしかもらってないから
チップが必要だしサービスによってその価格を評価して出す、なんて
こっちに十年くらい住んでるから知ってるはずなのに
ナイスで優しいウエートレスが帰りに挨拶しなかったのは
おまえらのせいかよ!!とすんごーく腹が立ちました。

こういう方とは地元の人たちとはもちろん、日本人同士でも
一緒にいると恥ずかしいしマナーがわからないというかわかりたくないんだろうね。
驚いたけど日本人が集まると時々こういうチップ文化を
いつまでたっても否定というか拒否してる人がいるのが
気持ち悪いし人間性を疑う。まあ、普段、そういう事を疑問視できるような
見習える友人がいない、っていうことなんだろうと思うので
私は自分の環境を恵まれてる、と思うことにしました。

ああ、日系結婚式、なかなか普段見ない不思議なことが起こります・・・
[PR]
by flowfree | 2006-02-22 17:53 | 家族制度

セクハラ学長の恋人達

あのー。今日初めて出会った日本人女性、
とっても大きな声でキンキンしてお話しされる女性、
日本を出た理由は高卒だと日本でしっかりした女性と
見られないからと唱える女性、
オーストラリアはアクセントがあるから止めて、
イギリスもXXXXだから(もう耳から抜けた)やめて、
東京から来たからモールとかの店が6時に閉まるのが
信じられないからこの町はだめだ、と思ったという女性。

あの~、あなた、噂で聞いていた、
あなたの学部の学長の授業を取っていたときにその学長教授と
体の関係になり、関係を続けていたら
同じクラスメイトの若い日本人姉ちゃんに寝取られ、
若い人がいいのならこっちから振ってやる、と
言って振ったんだか振られたんだかわからない
行動にでてた方ですよね?

私と初対面なのにその若い日本人姉ちゃんの悪口ばかり言っててネガティブな話しばかりで疲れるんですが
私以外にその話し知ってる人いなかったみたいで
黙って聞いていましたが。
世間は狭いので気をつけましょうよ。

酔ってるのかしらないけど同じ言葉を何度も繰り返していて
耳がキンキンして誰々がサイコ(おかしい)だと
言い放ってたけども私はかなり驚きましたわよ、
あなたの言動に。

なんか最近の外国在住日本人女性、危険きわまりないっす。
[PR]
by flowfree | 2006-02-19 20:57 | 女性
現在は同性婚が認められているあるところで働いていまして
まあ若い生徒さんとも話す機会があるのだけども
一人の女子18歳が、”そうか、そうじゃないか”で
ここ2週間悩んで落ち込んでいたんだ、と言ってきました。

その子Sさんは結構日本文化通で女同士の恋愛が
良く出てくる日本アニメマニアでもあったんで
私にもCDRなどを貸してくれてました。
そんな話しをしていくなか、”ショウネンアイ”
とか”ショウジョアイ””ヤオイ””ユリ”
などの言葉も良く知っていて結構な
ハマリ振りを感じさせてくれました。
でもどちらかと言うとおとなしい感じで
でも良くしゃべるし、大勢の生徒さんの前でも
”L Wordは見てる?”なんてアメリカのレズビアンドラマの
話しをイキナリしてきたりするちょっと堂々としたとこもあったので
私としてはこの子はどの程度自分の性を
同性愛として見てるのか見てないのかちょっと曖昧にとっていました。
ただ、考えていたとしても隠している感じかな、と。

良くコンピュータも家の居間にあるから全部母親に見られる、とか
母親に怒られる、とか言っていたので
やっぱり単に趣味で実際に女性が好きになるわけではないのかな、
なんて思ってました。

初めの数週間は会えば良く話してたのだけど
忙しさが重なって丁度数週間は話してなかったんだけども
その間にちょっとした事件がありました。
大人しくて授業も凄く真面目に受けて人より多く勉強もしてくる
彼女が授業中に与えられた宿題を一緒に勉強する相手、Eさん
に急に100ほどの学生が見るサイトで
”私の宿題パートナーのSさん。今日宿題を出さないといけないのに
あなたと連絡がつきません。私の電話番号は~なので電話してください”
と書かれてしまいました。
Eさんもかなり勉強するいい子だけどもちょっと甘えるところのある、
セクシーな服をきて胸が半分くらいいつも見えてる
生徒さんでした。

そしたらすぐにSさんからEさんへの返事がまた100人ほどの学生全員に送られました。
”あなたは連絡が取れないというけども実際に連絡する、と言った時にしなかったのは
あなただし、私のことを責任追及しているように聞こえるけども
私はずっと待ってて寝不足だし、メルアドしってるんだからするべきだし
。。。”
などという怒りの返事が。

ありゃりゃ・・・と思い、当日に顔を出すとまあ二人とも一緒にはいなかったけども
お互い笑顔を見せていつもと同じに見えた。と安心していたら
次の日にEさんの大逆襲のメールが。しばらくメールチェックしてなかったようでした。
”Sさんは私が悪いように書いてるけどあなたこそなんでずっと待ってる、というならメールしなかったの?うんぬんかんぬんX50”
くらいのなが~い怒りのメッセージがもちろんまたまた全く面識のない
生徒100人ほどに送られました。

うーん、これはちょっとなんか言っておくかなーと思ったら
次が初めての大きな中間テスト、ということでこのことを話すのを忘れてしまったのです。

そしたら授業の終わりにSさんが久しぶりに残って話しに来ました。
”あの。。。メール見た?もう夜中の2時ごろにあんな怒りメール送ってきて
しかも皆に見れるように送ってもう私もショックで、何にもなかったことにしよう、と
思ってベッドに入ったんだ。他のクラスメイトは誤ったほうがいい、というのもいるし
誤らない方がいい、というのもいるし。”
なんて言っていた。まあ、お互い誤解があったからでしょう、試験が近づくと
いらいらしてたりするしね、と言うと
”私はここ最近ずっとイライラしてたからかもしれない。試験の事以外でも”
っていうので”何でしてたの?””・・・・・・沈黙”
”友達との悩みとか?” ”・・・・んー、私はちょっとおかしくなってるみたい”
”なにいってんの。ちょっと落ち込んでたの?”
”うん・・・”
なんて会話をしたけども実際なにに落ち込んでるのかは言ってなかったから
まあ若者は色々あるでしょうなあ、なんて思ってました。

んで帰り道、マイナス6度の夜で外はきれいな夕日が落ちた後の空でした。
きれいだねーなんて話しながら、そういえばあのアニメ、いいらしいねー、とか
話していました。Sさんは少女革命ウテナ(女・女アニメ)見てるって言ってたけど
どこまでみたの?と聞くと
”ここ2週間は勉強以外は何にもしてない。全くアニメもみてない。落ち込んで悩んでいたから”
と言ってました。
へ?どうしたのー?というと
”・・・もしかして私もそうなのかな、って思ってきて多分違うと思うけど
見ないようにしてたんだ”と言ってきた。

Sさんが最近イライラしていた、という怒りメールの感情の動きなどは
この最近の性自認の悩みで揺れ動いていたことと関係してあるようでした。

”こういう風に思ったことある?自分では普通に受け入れられるの?”
と聞かれたので”そうだねえ、私は本とか結構読んで素直に受け入れられたんだよね”
なんてお互い"主語”である同性愛、レズビアン、女同士、などの言葉を
抜いて話してました。

結局Sさんはお母さんと仲が良いらしく、母親に言ったらそれは間違いだ、って
言われた、ということ。友人にはそんなアニメを見てるからそうなるんだ、と言われた、とか。
一応母親と生きてる文化が違うんだから彼女の価値観と同じにすることはない、というのと
ハリウッドの乱暴な映画が好きなやつが乱暴な人間に全てなるわけでもないんだし
ウテナなど一般の小学生が見てるアニメだったりするんだからそんなの
見てるのがみんな同性愛になることもないし、それは違うよ~などと言ってみました。

私はこれはちょっとお茶でもしてこの子の今がとても大事な
性自認の時期のようだからちょっと話しを聞こう、と思って
どう、お茶でもいましない?って言ったら
”あ、あたしこの後予定あるから。もう遅すぎるよ!”
とのお返事。ああ、そうですか・・・

だけどここでは結構若者にもオープンに同性愛の話しがでるし
私も授業で今は男性も女性も結婚できるんだし
自由に色んな状況を考えて話すようによくコメントする。
でもやっぱり現実はまだまだ自分のことにつなげるには難しいらしく。
このSさんはアジア系でクリスチャンじゃない、って言うから
やっぱり宗教的にだめ、っていうんじゃなくて
周りの異性愛プレッシャーに負けてる感じでしたねえ。

”多分違うと思うし”
と結果づけようとしてるのがちょっと淋しいというか若い、というか。
実はちょっと可愛いなあ、と思っていけないことだが
性欲もちょこっと刺激され(爆)理性を押さえて帰ってきた次第。
私若いのも全然大丈夫なんだなあ、と実感(ってこんなのをきっかけに実感するなって・・・)。

一応選択視が増えたと私は思ってるけどもとか話したけど
まあそんな次元の話しじゃないんだろうねえ。
若い子はそれなりに大変だ。がんばれよー。
[PR]
by flowfree | 2006-02-18 18:49 | 多様な性:日常にある生活
一度和田アキ子が在日と告白した記事をここでもフォローした。
日本の文化や権威の仕組み上、自身が韓国系だと話すのはとても勇気がいる。
韓流ブームが来ても、それに猛烈に反発する人間が多くいてそういうった
人間が日々書き続けているブログなんかもブログランキングの上位を
ほとんど埋め尽くしていたりするのが現状だ。

そんなときに今度はこのミュージシャンの告白。布袋寅泰、父親が韓国人だったことを激白 | Excite エキサイト : ニュース
やっぱり勇気もいることだろう。この方のこと良く知らないしファンでもないけど
彼のこの行動には敬意を払いたい。
この行動に勇気付けられる日本在住アジア系少数派の方はきっと多いだろう。
[PR]
by flowfree | 2006-02-13 19:40 | 人種
b0058997_18205662.jpgやっと観ました、噂のBrokeback Mountain. 実はハリウッド映画ばかりやる映画館の券で今月までに使わないといけないものがあったのだけど基本的にハリウッド映画見に行かないのでずっとどうしよう、バットマンでも行くかと思っていました。今はMemoir of Geishaもやってるけどもこれじゃなくて楽しめるのないかなーと調べたら隣町ではこの映画券でBBMが観れる、というのが発覚。きっとオスカーにノミネートされたのでこれは人が入ると思われ大きな映画館でも上映するようになったのでしょう。ちなみに以下のオスカーのサイトでなかなか良くまとまった3分程の映画のまとめが観られます。まずCMで始まり、その後にもしかしたら他のノミネートされた映画をやるかもしれませんがBBMは必ず2番目くらいにはやると思います。OSCAR.com - 78th Annual Academy Awards - Flash Streaming Player

だけどいざ友人を誘ったらみんな既に見てるんですねえ。そりゃあこっちでは上映して数ヶ月たってしまってるしクイアの間での噂は凄かったし、さらに中国系の友人にとっては
Ang Lee監督が取った白人だらけのゲイ映画、という意味でも注目モノなんですね。
だから来週結婚する年配Tさんを誘って、是非行きたいといわれたけどもやっぱり忙しいと。結局急に連絡が来た、最近結婚した”ハネムーンは日本で”と話しているゲイカップルと行く事に。このうちの一人とは大学の恩師が同じ縁、そしてそのパートナーは車椅子生活者で私の妹と同じ、という縁で話しが合ったりするので久しぶりに映画ついでに合うことに。以下は直接ではないけど間接的なネタバレありです。

b0058997_18254693.jpgまずこのメインの俳優さん、オーストラリア人ということらしいが演技がうめえ。まず結婚前と後では声のトーンから話し方まで(多分結婚してちょっと落ち着きが出た、とかそういうことかも)。あとホモフォビアが自身にも強く影響している中相手への愛しさを感じて生じる八つ当たり、怒り、罵倒、悔しさ、やり切れなさの表現がまたまた・・・これは演技指導がいいのかもしれないが、ニクイ表現をして、私も抱きしめたくなったねえ。
だけどオーストラリア人の彼のアメリカ保守州のアクセントの真似がめちゃめちゃうまい。これはもちろん演技指導でなされるけどかなりセンスがいいとみた。彼がオスカーでベスト・主人公の役、みたいなのにノミネートされてるのも心から理解できる。

b0058997_18361562.jpgそしてそのオスカーでベスト・脇役みたいな賞にノミネートされてるこの相手役。この人は可愛いしカッコいい。話し方も凄く愛嬌がある。彼が出演してるほかの映画を観たらさらにこの人の演技のうまさがわかるんだと思うんだけど。でもHシーンは正直私はえっ?と思ったな。そんなにすぐそっちの体勢?っていう・・・ まあ初めのとこだけね。あとは自然だったけども。せつなさの表現がなかなか。この俳優さんの他の出演作品をもっとみたい、と思った。

b0058997_18411799.jpgこの女性は主人公の奥さん役で旦那は男性と浮気しているとわかっていながらも口にださず、ずっと表情で感情を訴えている。なんと、この女優さんは実生活のなかで主人公の俳優さんと本当に結婚しているらしいですよ。友人、曰く。で、この女優さんの表情がまたうまい。ちょっと演技の表現のうまさが主人公というか旦那さんと似ているのかも。この女性の演技から、この映画はゲイが差別されている保守的な社会の話し、というだけではなく、ゲイが差別されている影響というのは実はとても広くて愛する家族をも破滅に向かわせてしまう、というのがわかる。同性愛への差別は異性愛の方たちも不幸にするもので、家族、仕事、社会階級(クラス)、生活水準、新しい恋人との関係、人生の終わり方など様々な方向に関係するというのが徐々に感じられる。そうやって見えてくる順序のなかにこの女性の役が重要だった。ゲイの映画できっとあまり注目を浴びないだろう女優さんだけども是非賞を取ってもらいたい。

という感じで結構男性のやるせない感情のぶつかりありに涙しながらも
いらいらして男であんまり感情を口にしない人いるけどこれほどまでにしないもんかね?と
一人で疑問に思ったり。まあ社会がそうさせた、みたいな理解や背景もこの物語の
一部なんだろうけども。結局自分が自分を受け入れられないから色んな人が
迷惑を蒙る、というのも見えてくる。だってやっぱり現実に自分の家族や仕事や
色々なものを投げて全部捨てて愛のためだけに引っ越すのは難しい。
そして実際それまで悩んで10年してやっと引っ越した後一年以内に別れる、という
カップルも少なくない。だけどみんな人間で、それも人生だし、それも経験していいよね、ってことだろう。まあやっぱり幸せに終わればいいけどもそうじゃない結末もあるし。
偏見が一番怖いし、こういう例はまだどこにもある。結婚できてもあるし。
ただこういった作品がオスカーにこれほどノミネートされるのはやっぱり意味深い。
色々と文化が変化しているプロセスなんだと思いたい。

ちなみに友人カップルはコレ観るの2度目で2度目の方が良かった、とのこと。
かなり感情の面をゆっくり感じられたようです。私も是非もう一度くらいはみたいな。
[PR]
by flowfree | 2006-02-12 18:58 | 映画:クイア/同性愛
レスリー・ファインバーグ『沈黙を破って』 Makiko T's Website
フェイクレディのひとりごと
Transgenderwarrior.org/Leslie Feinberg

b0058997_16332844.jpgアメリカのクイア活動家ファインバーグのトークに行ってきた。上のリンクでどんなことを唱えているのかは良く書いてあるのだけどもアメリカのゲイ・レズビアンの歴史やアメリカ政府からの差別や暴力、ゲイ・レズビアンと第二次世界対戦の関係、などなど、トランスジェンダーやタチという立場を社会的に分析して、様々な差別されるグループは団結して一緒に解放を目指そう、という運動をしている。

b0058997_1642472.jpg見ての通りファインバーグはよくある女性には見えない。小さいころからそれで色々な
暴力を受けてきた、などと話す。上のフェイクレディの独り言、という三橋順子さんのサイトでは台湾でトランスジェンダーの話しをしに呼ばれた時にファインバーグと一緒だった話しをしている。ファインバーグはとても基本的なことから話し、学界の人間でもそうでなくても誰でも参加できる話しをしていた。平和や戦争やテロなどの話しに繋げうまく性の解放が社会事情と切っても切れない関係というのを表現していた。なかなか人間が出来ている人のようだ。まとめもうまくてどても惹かれた。客はファインバーグの納得行く強く確かな言葉を聞くたびに拍手をした。そして一度質問のコーナーになる前に一旦終わると全員総立ちで拍手。ファインバーグも客に向けて拍手。ちょっと感動するひと時だった。

でも面白いのが質問のコーナー。私のいる町はそれほどガツガツ質問をしないようなちょっと大人しめの町で知られていて質問する人数も少なければ質問する内容もとても無難で、どちらかというと、きてくれてありがとう、などの感謝の言葉を言いたいだけです、という人が多い。私は以前は意見がバシバシ出て刺激的で知られた町にいたのでその頃は良く質問もしたしここぞというように頭もめちゃめちゃ働かせていたのだけど、この町に来たときはガクッと調子が狂い正直つまらなく思ったが最近は慣れてしまった。

だけど一人、町で有名なトランスジェンダーのMTF(男性から女性)の方が質問して興味深かった。この女性は色々と差別を感じて11年ほどずっと町や市やグループと裁判を続けているちょっとした有名人。支援団体とさえも何かあったらしく裁判を続けている。
だけどその支援団体がこのトークのお手伝いもしてるということでお客からの募金が
託されていた。それでこの女性が、それにはちょっと疑問が残る、と言っていた。
良い方向にお金が使われればいいのだけれど、と。それとなかなか私みたいなMTFは支援されない町でもあるんですよ、と。

それでファインバーグは”この問題について、支援団体や関係者の方たち、残って
話し合ってくれませんか”と2度話し、
”この会場にいる皆さんはこの女性を支援してくれますよね。してくれる方は手を挙げて下さい”と言ってほとんどみんなが手を挙げた。

私はもう一日中働いていて夜の9時になっていたのですぐ帰ったのだけども
だけどね、やっぱり人が残って話し合っていたのか、というとそれは疑わしい。
この女性のケースは町では有名で彼女に対してはもう色々なイメージも出来上がってるし、
11年分の誤解や憶測が町中に、特にクイアのコミュニティーに散乱してる。
この女性は声が震えていたし、やっぱりこういうところで公けに
支援を求めるには緊張するだろうし、勇気もいったと思う。
こういったところで色々と話す方が意味があるとも思う。
でもファインバーグがそこでちょっと言ったところでどれだけ変わるのか、ちょっと
考えてしまった。もちろんファインバーグの支援もあったら強い。
だけどある程度既に話し合っていたり、あるいはこれから信頼関係を地道に築かないと
ちょっとした勇気も無駄に終わってしまうのかもしれない、と思った次第だ。
もちろんこの機会に何かが始まる可能性というのは大いにあるのも確かだけども。

ファインバーグの話し、なかなか私も勇気付けられた。
笑えたのがファインバーグを自分のヒーローなんです、と
紹介する自称、ネコのバイの女性教授。
普段はすっぴんのセーターにズボンなのに
この日は大きなイヤリングにおっぱいが半分見えて赤紫のブラが見えるセクシーブラウスに
ひざ上のシースルーのヒラヒラスカート。

あなたの目的は何ですか?と聞きたい。
いや、この人の彼氏もFTMなのでFTMだとなぜか張り切る女性。
時々いますね、こういう方。まあいいや。

日本語では訳されてるかわからないけど上の初めのリンクに色々と
ファインバーグの説明があるので良かったら読んでくださいませ。
かなり頭のよさそうな人格者、という感じのファインバーグでした。
[PR]
by flowfree | 2006-02-12 16:59 | sexuality
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 死刑囚処遇も見直しへ 接見・文通の要件明確化

いやあ、ここ数年続いているメディアや一般市民による
麻原ショウコウ容疑者や宮崎ツトム容疑者への
当然のような死刑判決へという理解の傾向について、
日本の死刑制度は再構築されるべき:いったいいつから変わってないの?
という記事を書いたら
このニュースが教えてくれた。1908年から変わってないんですと。
ああ、ほんの98年間、ほとんど100年か・・・って1867年に終わった江戸時代
のほうが近いだろーが!というか江戸時代に生まれ育った人達が
作った可能性大じゃないの!
大日本帝国当時の価値を思いっきりベースにしてるんじゃないのかい!

と突っ込みきれないのでここまでにしておきますが・・・

まあ死刑制度の全てが98年変化していない、という訳ではなく、
去年の2005年から受刑者の処遇について法整備されたけども
死刑囚はまだだった、とのこと。それで今回は死刑囚処遇の
見直しも計られることになったんだと。

あのー。。。どんどん見直しちゃって下さいよ!
色んな国の例を比較したりなんだりして知識のリフレッシュをして下さい。
こんなに長く監獄法というのを改正してない国、
特に先進国は他に例がないのでは。
この100年、これだけ経済、社会、文化、産業などの
地位や位置がが世界的に見ても
かなり変化した日本では犯罪だって多種多様になってるんです。
もちろん、その他の先進国同様に。
それを監獄法だけ100年もそのままにするのは
当然おかしい、とみるものは文化をまたにかけても
かなりの数になると思います。
[PR]
by flowfree | 2006-02-09 01:27 | 権力社会というもの
観てしまった、イッセイ尾形主演で彼がテンノウを演じる
The Sun。
イッセイ尾形がそっくりに演じてる写真などはここでみられます。

なかなか面白いアプローチ。
フランス、イタリア、ロシア、スイスが合同で作った力作。
だけどほとんどはあのお方が宮殿内外で戦争中、どう過ごしていたか、
というのが観られるお話であまり合同作の強さが正直わからなかったが。

しかしイッセイ尾形、すげー!というのが初めの感想。
あのお方が歯を上下ガチガチさせず、あごも極力動かさないで
話す様子を物の見事に真似ている。これで、
ア、そういえば、あのお方こうやって話すなあ、って理解したほどだ。

アメリカ兵士はステレオタイプのままに、
”文化を理解せず、配慮せず、尊重せず、失礼極まりない態度”
を取っているがさて、ほんとにそこまでだったのかな、という気もしないでもない。

そしてこの映画を観ると、あのお方の言動や
マッカーサーとのコミュニケーションの仕方
をみて”ああ、もしかして皇居が狙われなかったのは
これが理由か・・・”などと思えてくる。
でも本当にあのお方は、それほどまでに、
”日本は一大事な現状に追い込まれているのに”
そうは思えない言動をマッカーサーに表していたのだろうか。

あのお方の言動の書かれ方もステレオタイプのように見えたが
(”結局天皇は〜”みたいにネガティブな捉え方)
さて、どうなんだろう。
色々な本がでているし、早速読もうと思った。
実は最近あのお方の親族が書いたという本を買っんだけど
荷物からまだ出していないのでネットで
探したらどーにもこーにも出て来ない。
なんででしょう。。。

ここは思いっきりネタバレになりますが・・・
あのお方が
自分は神ではない、人間だ、
と書記の人間に伝え、書かせたのに
それを確認しようと、その人物は?と聞くと
自決しました、という答え。
それを聞き奥さん役の桃井かおりは
スゴい鬼のような顔をしてあのお方役の
イッセイ尾形を睨む。
お付きの人役の佐野史郎にあのお方は
”君はもちろん(自決するのを)止めたんだろうね”
というとお付きは
”いいえ”
と答える。ここで映画は終わる。

そして映画のクレジットになるんだが
やっぱりロシアにスイスにフランスにイタリアが関わってちゃ
クレジットが長いのなんの、なっかなか終わらない。
だからその分ずっと映画の最後のシーンの意味を考えてしまう。

日本が関わって作らなかった映画、と思うと
そしてアメリカも入っていない、というと
ロシアやヨーロッパによる
日本とアメリカの当時の関係のステレオタイプ的な理解とも思えるし
西欧で流れている、外国語で読まれ書かれた当時についての
文献のみが主に使われたというのが予想できる。
もちろん、日本語が操れる方も関わっただろうが
日本にあるかなりの数の当時を分析、検証、説明した
文献をもちろん把握してないまま作ったのかもしれない。
いやもしかしてスゴく把握して作ったのかもしれない。
ただ、ちょっとステレオタイプ過ぎて私は納得ができなかった
内容だった。政治の映画としては西欧に都合が良過ぎるような。

でも俳優の演技(日本側の役者とマッカーサーの通訳の役者)
は素晴らしかった。あと雰囲気が昔の日本映画のようだった。
一つ一つの静かな行動をとても繊細に追っていて
意味のなさそうな言動が実はしっかり大事な意味がある、などと
わからせるゆっくりなストーリー展開。

西欧が力を入れて作ったテンノウの話、というものをみて、
ある一つの西欧の見解の仕方、というのが学べた気がした。
彼らの理解するまあ一部だとしても、
”第二次世界大戦中のテンノウ”
が観れた気がした。
[PR]
by flowfree | 2006-02-08 17:08 | 映画:政治関連