アクティビスト、フェミニスト、クィアとして活動するとある外国大学関係者の生活の中からの視点。(C)flowfree 初めて寄られる方は、カテゴリ:管理人、の”こんにちは”を読んで下さい


by flowfree
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
レスリー・ファインバーグ『沈黙を破って』 Makiko T's Website
フェイクレディのひとりごと
Transgenderwarrior.org/Leslie Feinberg

b0058997_16332844.jpgアメリカのクイア活動家ファインバーグのトークに行ってきた。上のリンクでどんなことを唱えているのかは良く書いてあるのだけどもアメリカのゲイ・レズビアンの歴史やアメリカ政府からの差別や暴力、ゲイ・レズビアンと第二次世界対戦の関係、などなど、トランスジェンダーやタチという立場を社会的に分析して、様々な差別されるグループは団結して一緒に解放を目指そう、という運動をしている。

b0058997_1642472.jpg見ての通りファインバーグはよくある女性には見えない。小さいころからそれで色々な
暴力を受けてきた、などと話す。上のフェイクレディの独り言、という三橋順子さんのサイトでは台湾でトランスジェンダーの話しをしに呼ばれた時にファインバーグと一緒だった話しをしている。ファインバーグはとても基本的なことから話し、学界の人間でもそうでなくても誰でも参加できる話しをしていた。平和や戦争やテロなどの話しに繋げうまく性の解放が社会事情と切っても切れない関係というのを表現していた。なかなか人間が出来ている人のようだ。まとめもうまくてどても惹かれた。客はファインバーグの納得行く強く確かな言葉を聞くたびに拍手をした。そして一度質問のコーナーになる前に一旦終わると全員総立ちで拍手。ファインバーグも客に向けて拍手。ちょっと感動するひと時だった。

でも面白いのが質問のコーナー。私のいる町はそれほどガツガツ質問をしないようなちょっと大人しめの町で知られていて質問する人数も少なければ質問する内容もとても無難で、どちらかというと、きてくれてありがとう、などの感謝の言葉を言いたいだけです、という人が多い。私は以前は意見がバシバシ出て刺激的で知られた町にいたのでその頃は良く質問もしたしここぞというように頭もめちゃめちゃ働かせていたのだけど、この町に来たときはガクッと調子が狂い正直つまらなく思ったが最近は慣れてしまった。

だけど一人、町で有名なトランスジェンダーのMTF(男性から女性)の方が質問して興味深かった。この女性は色々と差別を感じて11年ほどずっと町や市やグループと裁判を続けているちょっとした有名人。支援団体とさえも何かあったらしく裁判を続けている。
だけどその支援団体がこのトークのお手伝いもしてるということでお客からの募金が
託されていた。それでこの女性が、それにはちょっと疑問が残る、と言っていた。
良い方向にお金が使われればいいのだけれど、と。それとなかなか私みたいなMTFは支援されない町でもあるんですよ、と。

それでファインバーグは”この問題について、支援団体や関係者の方たち、残って
話し合ってくれませんか”と2度話し、
”この会場にいる皆さんはこの女性を支援してくれますよね。してくれる方は手を挙げて下さい”と言ってほとんどみんなが手を挙げた。

私はもう一日中働いていて夜の9時になっていたのですぐ帰ったのだけども
だけどね、やっぱり人が残って話し合っていたのか、というとそれは疑わしい。
この女性のケースは町では有名で彼女に対してはもう色々なイメージも出来上がってるし、
11年分の誤解や憶測が町中に、特にクイアのコミュニティーに散乱してる。
この女性は声が震えていたし、やっぱりこういうところで公けに
支援を求めるには緊張するだろうし、勇気もいったと思う。
こういったところで色々と話す方が意味があるとも思う。
でもファインバーグがそこでちょっと言ったところでどれだけ変わるのか、ちょっと
考えてしまった。もちろんファインバーグの支援もあったら強い。
だけどある程度既に話し合っていたり、あるいはこれから信頼関係を地道に築かないと
ちょっとした勇気も無駄に終わってしまうのかもしれない、と思った次第だ。
もちろんこの機会に何かが始まる可能性というのは大いにあるのも確かだけども。

ファインバーグの話し、なかなか私も勇気付けられた。
笑えたのがファインバーグを自分のヒーローなんです、と
紹介する自称、ネコのバイの女性教授。
普段はすっぴんのセーターにズボンなのに
この日は大きなイヤリングにおっぱいが半分見えて赤紫のブラが見えるセクシーブラウスに
ひざ上のシースルーのヒラヒラスカート。

あなたの目的は何ですか?と聞きたい。
いや、この人の彼氏もFTMなのでFTMだとなぜか張り切る女性。
時々いますね、こういう方。まあいいや。

日本語では訳されてるかわからないけど上の初めのリンクに色々と
ファインバーグの説明があるので良かったら読んでくださいませ。
かなり頭のよさそうな人格者、という感じのファインバーグでした。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-12 16:59 | sexuality
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 死刑囚処遇も見直しへ 接見・文通の要件明確化

いやあ、ここ数年続いているメディアや一般市民による
麻原ショウコウ容疑者や宮崎ツトム容疑者への
当然のような死刑判決へという理解の傾向について、
日本の死刑制度は再構築されるべき:いったいいつから変わってないの?
という記事を書いたら
このニュースが教えてくれた。1908年から変わってないんですと。
ああ、ほんの98年間、ほとんど100年か・・・って1867年に終わった江戸時代
のほうが近いだろーが!というか江戸時代に生まれ育った人達が
作った可能性大じゃないの!
大日本帝国当時の価値を思いっきりベースにしてるんじゃないのかい!

と突っ込みきれないのでここまでにしておきますが・・・

まあ死刑制度の全てが98年変化していない、という訳ではなく、
去年の2005年から受刑者の処遇について法整備されたけども
死刑囚はまだだった、とのこと。それで今回は死刑囚処遇の
見直しも計られることになったんだと。

あのー。。。どんどん見直しちゃって下さいよ!
色んな国の例を比較したりなんだりして知識のリフレッシュをして下さい。
こんなに長く監獄法というのを改正してない国、
特に先進国は他に例がないのでは。
この100年、これだけ経済、社会、文化、産業などの
地位や位置がが世界的に見ても
かなり変化した日本では犯罪だって多種多様になってるんです。
もちろん、その他の先進国同様に。
それを監獄法だけ100年もそのままにするのは
当然おかしい、とみるものは文化をまたにかけても
かなりの数になると思います。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-09 01:27 | 権力社会というもの
観てしまった、イッセイ尾形主演で彼がテンノウを演じる
The Sun。
イッセイ尾形がそっくりに演じてる写真などはここでみられます。

なかなか面白いアプローチ。
フランス、イタリア、ロシア、スイスが合同で作った力作。
だけどほとんどはあのお方が宮殿内外で戦争中、どう過ごしていたか、
というのが観られるお話であまり合同作の強さが正直わからなかったが。

しかしイッセイ尾形、すげー!というのが初めの感想。
あのお方が歯を上下ガチガチさせず、あごも極力動かさないで
話す様子を物の見事に真似ている。これで、
ア、そういえば、あのお方こうやって話すなあ、って理解したほどだ。

アメリカ兵士はステレオタイプのままに、
”文化を理解せず、配慮せず、尊重せず、失礼極まりない態度”
を取っているがさて、ほんとにそこまでだったのかな、という気もしないでもない。

そしてこの映画を観ると、あのお方の言動や
マッカーサーとのコミュニケーションの仕方
をみて”ああ、もしかして皇居が狙われなかったのは
これが理由か・・・”などと思えてくる。
でも本当にあのお方は、それほどまでに、
”日本は一大事な現状に追い込まれているのに”
そうは思えない言動をマッカーサーに表していたのだろうか。

あのお方の言動の書かれ方もステレオタイプのように見えたが
(”結局天皇は〜”みたいにネガティブな捉え方)
さて、どうなんだろう。
色々な本がでているし、早速読もうと思った。
実は最近あのお方の親族が書いたという本を買っんだけど
荷物からまだ出していないのでネットで
探したらどーにもこーにも出て来ない。
なんででしょう。。。

ここは思いっきりネタバレになりますが・・・
あのお方が
自分は神ではない、人間だ、
と書記の人間に伝え、書かせたのに
それを確認しようと、その人物は?と聞くと
自決しました、という答え。
それを聞き奥さん役の桃井かおりは
スゴい鬼のような顔をしてあのお方役の
イッセイ尾形を睨む。
お付きの人役の佐野史郎にあのお方は
”君はもちろん(自決するのを)止めたんだろうね”
というとお付きは
”いいえ”
と答える。ここで映画は終わる。

そして映画のクレジットになるんだが
やっぱりロシアにスイスにフランスにイタリアが関わってちゃ
クレジットが長いのなんの、なっかなか終わらない。
だからその分ずっと映画の最後のシーンの意味を考えてしまう。

日本が関わって作らなかった映画、と思うと
そしてアメリカも入っていない、というと
ロシアやヨーロッパによる
日本とアメリカの当時の関係のステレオタイプ的な理解とも思えるし
西欧で流れている、外国語で読まれ書かれた当時についての
文献のみが主に使われたというのが予想できる。
もちろん、日本語が操れる方も関わっただろうが
日本にあるかなりの数の当時を分析、検証、説明した
文献をもちろん把握してないまま作ったのかもしれない。
いやもしかしてスゴく把握して作ったのかもしれない。
ただ、ちょっとステレオタイプ過ぎて私は納得ができなかった
内容だった。政治の映画としては西欧に都合が良過ぎるような。

でも俳優の演技(日本側の役者とマッカーサーの通訳の役者)
は素晴らしかった。あと雰囲気が昔の日本映画のようだった。
一つ一つの静かな行動をとても繊細に追っていて
意味のなさそうな言動が実はしっかり大事な意味がある、などと
わからせるゆっくりなストーリー展開。

西欧が力を入れて作ったテンノウの話、というものをみて、
ある一つの西欧の見解の仕方、というのが学べた気がした。
彼らの理解するまあ一部だとしても、
”第二次世界大戦中のテンノウ”
が観れた気がした。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-08 17:08 | 映画:政治関連
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 人気俳優が「1人デモ」 韓国、外国映画緩和に抗議

これチャン・ドンゴンだよ。スゴイ韓国でも日本でも香港でも台湾でもスターだよ。b0058997_20491977.jpg
毎日一人づつ交代でデモをやるんだと。
それも一人で3時間も。
国内の映画だけ上映する映画館までアメリカが制限しようとして
政府もそれに負けて、韓国映画だけにするのはやめましょう、と
させる、っていうのは恐ろしいねえ。

こんなことが日本で起きたらどんな俳優がデモやってくれるんでしょうか。
最近はかなり多くのタレントも映画監督をし始めてるし
この韓国のラディカル振りに日本の映画界も影響されてくれたらいいのにな。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-06 20:49 | 権力社会というもの

大学の真相

いやあ、学部の偉いさんが来て私の仕事を観察、
建設的サジェスチョンをし、そして
聞きたくなかったけど聞いたほうが良かったであろう
学部政治のお話しをしていってくれた。。。

まずこの偉いさんはこの1月から新しく配属されて来た人
でスゴイ勢いでやらなきゃいけないことをやってるみたいだ。
今までは正直こんなことはなかったので
何かが動いているのを感じずにはいられなかった。
既に一度話しに行ったらかなりいい人で驚いた。
もちろんリベラルな思考の人で頭も凄く良い優秀な人のようだ。
これは素晴らしい!

なかなか大学の上に配置される人間でイイヒトが収まることって
ないので(現実には嫌なやつほど上に上がるーもちろん、
大学、って環境は普通そうなるのかもしれない)
これは嬉しい驚きだし、更にこの偉いさんはしっかりと
仕事をして、初めから私を信用して
”君と僕のここだけの話だ”と言って色々と話してくれた。
まあ、初めて会った時にこうしてくれたからちょっと驚いた。
でも既に私の背景を調べていて、
"君はこれを勉強していて、こうなんだよね?”
なんて言ってきたからかなり下調べをした後での
私への意見や秘密話のようだった。

私の仕事を観察に来る、といきなり前日の夕方に
知らせがきたのも驚いたが私はいい人、というのが
わかっていたし、実際イイヒトが見に来てくれたほうが
事実を伝えてくれて何かと助かるかも、と思い、
それはいい考えです!お待ちしています。と返事。

そして一部始終見た後、ちょっと話したいから残れる?となり、
話しをした。ちょっとドキドキだったがいきなり
建設的サジェスチョンをくれたのでビビッたけども
いきなりやったから逆に、いや~な気持ちにもならなかったし
とっても助かる内容でよかった。
まあ、しかしかなり褒めてくれたーそりゃあ嬉しかった!
イイヒトに褒められるとスゴイチカラになりますなー。

だけどその後の、お話にちょっとがっくり、かなりぐわわ~んと来た。
いや、私の仕事振りの感想ではなくて
幾度か書いた嫌われ女上司の話だった。

偉いさんいわく、
”また二人だけのここだけの話だけども。
君はそろそろあの上司からこういうことをやられると思うよ。
それもなぜか理由もなく。でもいつもそうだから気にするな。
あの人は直接一緒に働く下の人間が大嫌いで
特に日本人だというと、文化からくる上下関係などをを有利に好きなことをやるんだよ。
あとOOOも、XXXも、おこると思うけど君は君がさっき言った様に
自分の信じるやる方をやってればいいと思う。
僕は~~(大学のあるもの)のルールにはまることならちゃんとサポートできるから。”

おおおおー!!???
キ、キター。。。。
”あ、私、雇われた時からこう言われまして(12月5日ごろの記事参照)
勝手にこうしてね、これはしないでね、できるとしてもこっちが困るから
するならこうなるから、といくつか脅迫みたいのされたんですけど。。。”

偉いさん:
”うん、彼女がそうだから誰もここで働きたくないんだよ(2つ位前の記事参照)。
ほんとに優秀な人間もいなくなってしまう。そのやり方は本当におかしい。
彼女がいう秘書の悪口なんていうのも全く嘘なんだよ。信じてはいけない。”
などなど、秘書の悪口も実は上司の彼女が計算してやっていることのように
言っていた。

実は私は嫌われ上司が嫌っている秘書と実は仲良くて
雇われた時から上司のおかしい態度について共感し(笑)
同士になってしまったので上司の訳のわからない
全く持ってプロ意識のない悪口などの言動はもうちくわ耳なんだ。

偉いさんは”何かの時はいつでも話しにきなさい”と言ってくれた。

だけどこれから起こるどーにも意味のない、学生が犠牲になる
行動をするらしいことを偉いさんに言われた時はかなり
落ち込んだ。素直に学ぼうとしてる、大金を払って勉強して
ずっと良い成績を保ってる生徒さんに対しても
酷い行動を最後にどんでん返しでするらしい。

日本人おばちゃん、狂ってしまったんでしょうね。
偉いさんや秘書など誰もがもう既に知っているから
何かあっても私のせいにならない、っていうのは良かったけども
もう傾向がわかられてる、っていうのも、
それだけ学部は昔からこの上司を煙たがっているのに
どうにもできていない、ってことみたいだ。

そこで私は思った。学生さんの犠牲を少しでも少なくさせようと。
それで色々とプランを考え始めている。

なんとも下らないこの嫌われ日本人おばちゃんの権力意地の姿勢だろう。
一緒に働くイエスマン君はこの偉いさんにどれだけ真実を聞けるのだろうか。

偉いさんが私にこれだけ学部政治の裏側を話す、ってことは同じ立場と見て
言ってくれてるのだろう。
イエスマン君は”仲間、”と見られるかわからないから全く何も言われないかもしれない。
だけどそこは私の下町の情がいてもたってもいられず
イエスマン君に
”偉いさんが仕事振りを観察に来ることになってる?”
と聞いたら
”え?知らないですけど”(彼の授業はみにいかないのかね?)
”あの、私には来たのよ。それで行くとしたらネ、あなたはこの仕事初めての経験みたいだから
私に聞いてもいいけども、偉いさんに、何か知っておいたほうがいいですか、と、
私だったら聞くからさ、聞いてもいいと思うよ”
と忠告。
彼は”あ、そうですか。ありがとうございます。わかりました”
と言っていたが。それでこの授業を見に来た、ってことは内緒ね、と言っておいた。

彼はあまり疑問にも思ってないようだし、政治の状態もわかってないようだし
仕事経験もないので偉いさんからは相手にしてもらってないかもしれないけど
後々にやられることは私も彼も一緒なので
ちょっと親切心で言ってあげてみた。
さて、どうなることやら。

ところで念のため説明しますが私みたいに生徒さんを気にして働く人間は普通
北米の四年生大学にあまりいないので珍しいんですよ。
人権とかに心から時間とエネルギーを掛けよう、と日々感じてる人の
意見なので普通こういうことがあっても何にも考えずに疑問にも思わず
流れに沿って”こういうものなんだ”で物事を取り生徒さんを犠牲にしている
教育者がほとんどです。特に日本も多いかもしれません。あしからず。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-06 20:24 | 権力社会というもの
b0058997_17521133.jpgちょっと書いた上に住んでる人。
一年くらい経って初めて夜中じゅうかかる音楽について直接対決した人。
それ以来割と音楽は気をつけてくれていたんだけど
またラジオみたいな、以前から聞こえてくる
ものが夜中の5、6、そして朝の7時くらいまで
2日続けてなっていた。何度も目が覚めた。
だからまた私は優し〜く書いたノート(メモ)を
やつの部屋のドアに。

そしたら訪ねて来た。
”二日続けて、って書いてあるけど、僕は
君と話してから実は1時以降は何もかけずに寝てるんだよ。
多分他じゃないかな、今回は。”
”え、ほんとに?6、7時までずっとラジオかテレビが
流れて何度か目を覚ます程だったんです。。。”
”僕はスゴく深く眠る人間だからほんとに気がついてない
だけで、多分他じゃないかと思うんだよね。
今度できたら上の上、とかもチェックするのはどうかな。”
”あ、そうですね。あ、ごめんね、疑ってしまって。
もう関係ないのにあなたばかり疑っても悪いから
自分でちゃんとチェックするね”
”ああ、いいんだよ、ただ誤解はされないように、と思って”
”ありがとう”

こんな会話をした。直ぐ上じゃないくてそのまた上から聞こえてるのか?
それなのに上のやつ、目が覚めない?(だから、やつは何発も
かましてスゴくハイになってる可能性あるしねえ。だったらも目さめないので理解できる)
う〜ん、なんか上じゃなくて下とか横の周りがウルサいのかなあ、と思ってたら
ドアにトントン、とまた誰か来た。彼だった。

”いやね、せっかくだし、と思ってちょっと捜査じゃないけどやってみたよ。
そしたら隣の部屋の住民も昨日も上がおとといも朝の6時とかまでラジオかテレビがウルサかった、って言ってるから、これは僕の上の人みたいだよ”
”ええ??そんな上からなんだー”
”ほんとに僕は深く眠るからわからないみたいなんだ。
多分ウルサい時に2階程上に上がったらその音がわかると思うよ”
”そっかー。ありがとう、わざわざ。助かりました”
”いいよ。じゃあgood night!"

と彼はいい人ぶりを見せてくれた。
原因がわかって、彼じゃない、ってわかって努力してくれてるのを
知ったのも嬉しかったけど2階上かよ。。。
大家から良い人だ、って聞いてても直接対決するまで
一年くらいかかったのに、全然何にも接触するつもりも
なかった2階分上の人のところまで対決するエネルギーは
もう無いわよ・・・トホホ・・・

なんて思ってたら今日すぐ上から昼間聞こえた音楽は
私がバンドで一番好きなネ申バンドFugaziだった!
だからやっぱり上の彼のことは仲間だと思うことにした。
Fugaziのファンに悪いやつはいない。特に北米には
(メッセージが何か最低でも理解してるからね)。

と勝手に仲間になった気になり、上の騒音の問題は
なくなった!し、ちょっと嬉しい、すがすがしい気分になった。
まあ上の上からの問題はあるけどもね・・・
[PR]
# by flowfree | 2006-02-05 17:42 | 文化の違い
イヤホンが難聴の原因に——『ザ・フー』のギタリストが警告
「iPod」大音量にご用心 学者らが警告 使用時間は一日30分まで(2006/1/27)
iPod ユーザー 難聴起こすと提訴

私も時々書いたけども若い頃は海外音楽ヲタクだった。
後に日本国内音楽にも伸びて行ったが
どれだけヲタクかというと誰もしらない、
私も知らなかったドイツやブラジルのマイナーバンドの
デモテープを集め、どれだけ下手で面白いか、
というのを勝手に聞いて仲間と笑い楽しむという。
世界中にそういった仲間がいたのだが
やってることはホントにマイナーで
日本国内で一緒の話が出来る人がいないから淋しかったな。
手紙であーだ、こーだ、と話していて
デモで終わるバンドがかっこ良く見えていたものだった。

ってことはやっぱりテープの時代だったし
ウォークマンを聞いて、もちろん出来れば大音量で
聞くのが当然だった。
そして学校に通うのに電車に乗ったりしていたから
その時間に音楽を聞かないと時間がもったいない。
朝起きて朝シャンをして、耳の中は乾いていないまま
イヤホンをすぐはめて大音量で聞いていた。

覚えているのが時々耳の奥がピリピリと痛く感じたことがあった。
濡れてるからだなーって自分でも思った。
でも電車の乗車時間は長かったし、
静かな車内でラッシュで時々痴漢もいるし、
音楽を聞いていないと乗ってられなかった
(ってことは難聴の原因に社会的な背景も?)
それで耳がピリピリしようが聞く事が
止められなかった。

それを続けて1、2年経った頃に
学校で聴覚のテスト。これにまんまと落ちた。
5、6人一度に片耳に音が聞こえるものをあてがい
小さく音がピーッと鳴ったら手を挙げる、という
テスト。私は右耳はちゃんと聞こえて、
みんなで手を挙げられたけど
左はいつになっても音が聞こえなかった・・・
アレ?手を挙げてるぞ、みんな!
私の壊れてるのかな。とマジで思っていたら
普通にテストに落ちていただけだった。

つうことで今更iPodで難聴、なんて
言わないように。ウォークマンで難聴、
って言う人が何千万人とかいたりして。
それでもアメリカでsony提訴、なんて無かったよね。
まあ色んな意味で世代交代、ってことなのかしら。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-02 19:51 | music
うーん、先日記事にした千葉出身を東京出身と答える
日本人男性イェスマン君。今度はみんなに嫌われてる
日本人女上司に利用されそうだぞ。

この日本人女性上司XXさん。
学部の秘書にも嫌われ、
今までの部下というか後輩にも嫌われ
仕事を途中で放り出され
そして新しくきた私などにも
辞めろ、などというおかしな人。
やっぱり学部でも立場が弱いし
み~んなが辞めてほしがっている。
だから新しい人も育たないし
みんなここで仕事をやりたがらない。

でも万が一誰か来たらなるたけ続けて欲しいし
学部としてはxxさんの代わりがとにかく欲しい。

XXさんはイエスマン君に
”あなたの所属にOOさんて女性いるでしょ?
あの人ほんとは違法に働いてるんじゃないか、
って噂になってるのよ。
普通だったら~~なのに違うみたいで
違法とわかっていて学部や周りが
残って欲しいからって助けてあげてる、って
噂があるのよ。ちょっと調べたいから
あなた、彼女に学生ですか、とか何してるんですか、
って聞いてみてくれる?”

私は、アレ、やばいこと言ってるなあ、とすぐ思った。
全く関係ない私に他の人のそんな違法かもしれない
事を話してしまってるし、
それをまた関係ない他人に説明して
チェック(取調べ)させる。これは
普通北米に住んでいたらみんな関わらない
ようにする事だ、ってわかるんだけどね。
こういうのに敏感で、英語では
”ポリシング(警察じゃないんだから、警察みたいなばかげたことするな)”
っていうように子供じみた、大人がやることじゃないよ、って
状況だ。

そこはイエスマン君、即座に
”あ、いいですよ。はい、わかりました。”
と答えた・・・

XXさん、付け加える。
”彼女が残って、色々と授業を教えるようになったら
私の地位が危うくなるのよ、ね、そうでしょ。”

イエスマン君、
”ああ、はいはい。。。そうですねえ。”

う~ん、彼一体何に協力してるかわかってんのかね。
わかってて、関係が悪くなるのが嫌だから
その場その場で適当に返事して
後で本当は聞いてこない、ってことにするのだろうか。

私はこういう話になるとなるだけ頭に入れないようにする。
知らないほうが楽だし知っていたら罪になることが多いし。
だけどこのイエスマン兄ちゃんが巻き込まれたかー
と思い、人権問題に思えてきた。だから後で聞いてみた。

私:”ねえねえ、さっき言ってたの、同じ学部に
いる方なんですか。”
イエスマン”あ、そうですねえ”
私: 今やってる仕事に関係ある人なんですか。
イエスマン: ああ、なんか一度やってたけど辞めて、
それで今は違うレベルで教えてるみたいで。
私:その人学生でもあるわけじゃないの?
イエスマン:なんか授業聴講してて、一緒なんですよ。
私:へえ~。。。。

話しを聞くとその女性、もしかしたら
XXさんの代わりの有力候補なのかもしれない。
だからその前に種を摘んでおこう、ってことらしいぞ。
ちょっと、
”さっきの話、関わらないほうがいいと思うよ”
って言うのが何度も頭をよぎったが
私は言葉を呑んだ。
ここでこの兄ちゃんが頭悪かったら
そういう私の意見をどうやって悪い方向に持っていかれるか
わからないからね。
この兄ちゃんが結果、どうすることにしたか
を見てから、もうちょっと様子を見てから
にしよう、と思った。

だけどXX嫌われ女上司に言われるまま
やってきたらホントにだめなへたれイエスマンの
称号を与えたいと思う。
このxx上司、イエスマンが聞いて来た答えによっては
そのもう一人の女性を違法だと、学部だけではなく、大学の上の方、
または政府にも連絡する勢いなのは明らかなんだから。
だって学部全体に嫌われてるから自分の仕事をキープするのに
一生懸命なんだから。
しかも、その女性がいたら自分の地位が危ない、って
率直に私たちに言ってしまってるんだから。

そこまで言うこの女性上司もバカだけどね。
どーせやるならもっと隠すとこは隠さないと
うまくできねーだろ、って突っ込みたい。

それに協力するイェスマンも・・・
刺客、というのかな。
犬、というか。
バカというか。

まあ、結果はまだわからないのだからもうちょっとの
我慢だ・・・

しかし北米のこの小さな日本人だけの
世界。気持ち悪いよね。
まあ日本でも良く聞くけど。特に女性教授の話しも。
一番悪いのは権力を持った操る方だけど
気持ち悪いのはホイホイ言われて動く手下達。
今まで何年教育受けて、教育にいくら掛けてきたんだよ、君たち!
目を覚まして、イェスをするべき時としないときを
しっかり見極めなさい!!!と
この学界の現実に渇をいれたいです。

まあ、そこまでしても自分の社会的地位が欲しい、
上から嫌われたくない、教授になりたい、
なんて思ってるんでしょう。
そのためのイェスマン、イェスウーマンなんでしょうなあ。
目先の欲に負けて、ホイホイと。

AHO~~~!
BAKA KA~~~!
おみゃ~いつ死ぬかもわからんのに
目先の欲に自分の我を犠牲に
教授っていう地位のために・・・
え、今我慢して自分が教授になってから何百人の学生を
教育して環境を変える?
いや、あんたがたが教授になったってならなかったって
ほとんど世間は変わらないでしょ。
それよりさっさと辞めて
ラーメン屋とかになったほうがよっぽど人のためだよ。
中途半端に生徒のため、とか言ってんじゃないよ。
あんたがたが辞めたほうがよっぽど生徒のためになるんじゃないの、
その権威、権力貪欲は生徒もばかじゃないんだから感じられるよ。
あほか。

とちょっと本気で怒ってみた。
ごめん、こういう権力のしたでホイホイ動いてるやつも
人間ってわかってるけど
付き合わないといけない、ってわかるけど
んで実際会ったら普通に会話もできるけど
罪を憎んで人を憎まずですな・・・
こういう重要な時にしっかりと理性で
行動できない、ってことはしっかり人道的に教育されてない、
ってことだし人に教育もできない、ってことだと感じます。
厳しいかね・・・
まあ人間完璧じゃないけどさ、
そういう人が育たないように自分で言動で見せて行きたいし
その努力を続けたい。
[PR]
# by flowfree | 2006-02-01 10:08 | 日本とも似た制度

ぷぷーっ!

いやあ、これも大学の真実だけども。
今日、女の上司の先生、言葉を話しながら
生徒さんの前で、話を聞いて下さい、
って静かにさせてから、なんと。。。

ブフォッ!

てオナラしてましたよ。。。

んでお尻抑えて”失礼”って言って下向いて
そのまま授業を開始したから
男子生徒さんが

”What? What was that??"

って言いだし、1.5秒程笑いがあったあと、
みんな笑っていいのか
いけないのか、無視したほうがいいのか考えた感じ。

先生、また下を向いて黙って苦笑いして
授業再開。
生徒さん、しつこく、
"what?what?"

でもそのまま授業は進んで行った・・・・

もちろん、そんな時に限って大笑いしたくなる私。
ちょっと笑いが止まらないんだけど。。。
長い事、色々な授業やトークに言ってるけど
メインの人がみんなにわかる程大きな音で
オナラしてしまうのって今までなかったよなあ、って
考えたらまた大笑いしてしまい・・・

下を向いてどうにか他の事を考えようと
頑張りました。

いいんですかね。あんなオナラして授業やっちゃって!
人間だからするっつったってさ。
ちょっと笑いを落ち着かせるお時間下さいよー♪
[PR]
# by flowfree | 2006-01-31 16:35 | なんでも枠
b0058997_1802016.jpg今住んでいるところでは中国系の方にとてもお世話になっています。
友人にも多いし、同業者にも多いし、
おいしい食べ物を提供してくれる町の
料理人の方たちなども。
働き者の方、多いですよね。

このサイトを見てくれる方たちはもちろんのこと
日本ももともとは旧正月を使ってた(よね?)
ということでここでご挨拶。
昨年はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

今は彼らと一緒にお祝いしたり
野菜だけ使ったご馳走を食べに行ったりしてますが
日本政府の植民地政策で苦労された時のことを
考えると外国でも日本でもお正月を平和に過ごせるということには
感慨深いものがあると思います。
平和なお正月を文化を超えて過ごせますように
願っています。
そしてそれが続きますように!
[PR]
# by flowfree | 2006-01-29 18:00 | なんでも枠